前面・側面表示器がフルカラーLED化された2059F

去る3月15日、最近になって前面並びに側面表示器がフルカラーLED化された2059Fを、小平駅で捉えました。

 前 面

d0242629_2221144.jpg

d0242629_22251978.jpg


 側 面

d0242629_22213182.jpg


d0242629_18144371.jpg

 (画像をクリックして拡大表示にすれば、より分かりやすくなるでしょう。)

同様に、2065FもフルカラーLED化されているのを確認しています。

これで、バリアフリー化未施工の編成でフルカラーLED化されている新2000系は、2045F2059F2065Fを加えた3編成となり、いずれも新宿線の所属です。

《追補》 2013年4月27日
 画像を追加しました。

by tane_mackey | 2013-03-21 23:12 | 鉄道 | Comments(6)

Commented by 区間準急 入間市 at 2013-03-29 22:25 x
2045F最近見てないです。
Commented by tane_mackey at 2013-03-30 18:04
コメント有難うございます。
本日の午後、新宿線に乗車しつつ観察しましたが、残念ながら空振りでした。
私自身にとっても、今後に乞うご期待です。
Commented by 気ままに旅する者 at 2014-07-31 15:33 x
始めまして、以前2059F8連は池袋、石神井公園、ひばりが丘間で飯能まで運転営業されていましたが2059F8連西武池袋線に小手指車両基地所属で完全転属で戻って来て欲しいです。

2059F8連は、丁度4年前の通勤の帰りに池袋駅始発で
快速小手指行きとして乗ったことがあります。
Commented by tane_mackey at 2014-08-22 22:40
コメント有難うございます。合わせて、返事が大変遅くなったことをお詫び致します。
2059Fには少なからず思い入れがあるようですが、(残念ながら)今も南入曽車両基地の所属として、新宿線で活躍しています。

私個人としては、池袋線の異端車的存在である2063Fと2097Fの、今後の動向が気になっています。
Commented by 新2000系池袋線に戻って来い。 at 2019-01-26 20:32 x
サイトの管理人様、お久しぶりです。2019年度の今
本当に寒い日が続いていて大変だと思いますが
おからだの状態はどうですか。インフルエンザで
死亡者も増えているようですので充分ご注意下さい。

さて、話題は変わりますが西武鉄道で池袋線所属線区
に走っていた新2000系の2065F編成、2067F編成
までの8両2編成=16両が未だに新宿線所属線区のまま
戻ってきませんが新2000系の2065F編成と2067F編成
は元々池袋線所属線区で池袋線の本線を走る飯能駅から
地上線を走る池袋駅終点までの区間を活躍運転される
電車なのに早く新宿線用から戻って来てほしいと
思いました。

その他にも、2055F編成や2057F編成、2061F編成
までの8両編成3編成=24両、新2000系の4両編成
+4両編成でも2531F編成+2533編成がまず新宿線用
から池袋線所属線区へ池袋線として戻って来て
欲しいと思っています。それから2535F編成+2537F編成
2539F編成+2541編成、2543編成+2545編成と
言った各車両の新2000系4両編成を4両に合結された

8両編成で8本64両も新宿線は上石神井駅・上石神井
車両基地に余るほど止まっているのなら池袋線用所属
線区へ勿体ないので新宿線から転属編成で池袋線所属
線区へ戻して貰えたらと思えます。

理由は、西武鉄道の9000系が2019年度に廃車回送
されてしまう9108F編成と9103F編成の各10両編成
で2編成=20両です。横瀬駅・横瀬車両基地解体所
へまた貴重な電車が無くなってしまうからです。

池袋線への黄色い電車が無くなってしまって新2000系
以外の違う電車ばかりが走っていてもちっとも良く
ないからです。40000系の車両など大失敗車両です。

40101F編成、40102F編成、40103F編成、40104F編成
も新宿線・拝島ライナーとして全車両が使われるべき
だと思います。
Commented by tane_mackey at 2019-01-29 01:09
 新2000系池袋線に戻って来い。さん、コメントをお寄せいただきありがとうございます。新2000系に対する思い入れがヒシヒシと伝わって来ます。具体的にいくつか編成を挙げていましたが、私としては4両固定編成について触れておきたいと思います。
 ご存知のように、4両固定編成は新2000系のみに存在し、当初はMc車にもパンタグラフが搭載されていましたが、後に撤去されました。ただし、歩み板や取付座などはそのまま残され、見苦しい印象がありました。その後、一部の編成については通風器ともども撤去が行われましたが、まだまだ少数派にとどまっています。その中でも2531Fと2533Fについては、池袋線に配属されていた当時に表示器の換装が行われ(字幕→3色LED→フルカラーLED)、新宿線に戻された後も維持されており、異端車的存在となっています。池袋線には僅か3編成のみの配置で(2501F、2503F、2513F)狭山線が主な活躍の場となっています。
 これより先は、私の個人的な考えであることを予めお断りしておきます。池袋線への新2000系の転属の可能性ですが、残念ながらその可能性は高くはないと思います。西武鉄道においては、新形式車両は先ず池袋線に配属され、その後新宿線にも展開されるのが通例となっています(2000系は数少ない例外と言えます)。次期通勤車両についても、恐らくこの例に倣うものと思われ、そうなると新宿線への転出の可能性のほうが高いようにさえ思います。
 現時点では2000系の廃車はストップしており、直ちに西武の黄色い電車が消滅することはないと断言は出来ます。同時に遠い将来、ステンレス製やアルミ製の車両ばかりとなり、黄色い電車が消滅する可能性は否定出来ません。黄色い電車が末永く残って、出来れば永続的に残してくれたらとは思っていますが…