思い出の向ヶ丘遊園

向ヶ丘遊園は、2002年3月31日に惜しまれつつ閉園されましたが、小田急線の「向ヶ丘遊園駅」は改名されること無く健在です。
今を遡る1990年4月30日、後にも先にも向ヶ丘遊園を訪れたのはこの日だけでした。
大の男が一人で遊園地に入園する ― 当時としては(今でも)勇気を奮った行為だったと思っています。
その際に撮影した写真で、今はなき向ヶ丘遊園を偲んで見たいと思います。


モ ノ レ ー ル

d0242629_22275989.jpg

1966年4月23日、向ヶ丘遊園(駅前)〜向ヶ丘遊園正門間を開業しました。
跨座式モノレールの一種で、コンクリートの桁に敷設したレール上を鉄の車輪で走行する「ロッキード式」を採用していました。
車両は、この2両1編成のみでした。
2000年2月13日、台車に致命的な亀裂が発見されて運行休止となり、2001年2月1日に正式廃止されました。


向 ヶ 丘 遊 園 正 門

 前を行くのは川崎市営バスで、現在は同じ配色ながら、ブルーが明るい色調になっています。
d0242629_22401011.jpg


 花壇や階段に並べたプランターの花々が彩りを添えます。
 折しも「英国フェア」が開催中で、PRを兼ねて英国国旗が象られています。  
d0242629_22454185.jpg


実際に園内に入園して撮影しました。


ス カ イ ・ ハ リ ケ ー ン

d0242629_22553558.jpg



池 の 畔 を 行 く 豆 汽 車

 ツツジとアメリカハナミズキが色を添えています。
d0242629_2304838.jpg



大 観 覧 車 と ス カ イ ・ ハ リ ケ ー ン

d0242629_2385875.jpg



オランジェリーと庭を彩るベゴニア

 一見、洒落たレストランを思わせる外観ですが、実は温室です。
d0242629_2317429.jpg



ネ ッ シ ー 花 壇

d0242629_23255015.jpg

ネッシーとは、イギリスのネス湖に棲息しているとされる未確認生物ですが、捏造説や誤認説もあるなど、生命体としての存在は確認されていません。

この花壇は、開催中の「英国フェア」にちなんでアレンジされたようです。


ED 1011 と 鉄 道 資 料 館

 小田急ED1011は1968年に廃車となり、ここで静態保存されていました。
d0242629_23355794.jpg


閉園後も、バラ苑は川崎市の手で管理され、春と秋のシーズンには一般公開されています。

2011年9月3日、跡地に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が開館し、新たな名所となっているのはご存知でしょう。

by tane_mackey | 2013-04-06 23:55 | お出かけ | Comments(2)

Commented by A80&481 at 2013-05-05 22:11 x
はじめまして。書き込みさせていただきます。
向ヶ丘遊園が廃園されて11年の歳月が流れましたが、僕は2度しか行った記憶がありません。物心ついたときはディズニーリゾートが主流だったからです。鉄道資料館は1度いったことがあります。ここに保存していた機関車は海老名検車区の西側にもあったのですが、雨ざらしで傷みが進み、既に解体されてしまいました。

モノレールも懐かしいですね。末期は台車に亀裂が見つかり、修理費がかかることから再開を断念し、最終的には廃止の決断を出しました。これは1度しか乗車していません。

向ヶ丘遊園駅に停車するロマンスカーはかつて1時間に1本さがみ号が停車していました。当時世田谷住まいだったので、新宿に行かなくても向ヶ丘遊園に行けばロマンスカーに乗れるということで便利でした。今では上下合わせて1日5~6本となり、新百合ケ丘、相模大野、秦野といった主要停車駅にシフトされてしまいました。

話を変えますが、僕はブログ「たきわ交通局」を運営しています。相互リンクも大歓迎です。内容を判断した上で検討してください。
Commented by tane_mackey at 2013-05-06 00:16
A80&481様、コメント有難うございます。
ブログでも述べていますが、私はこれが唯一の訪問でした。
ロッキード式モノレールの乗り心地は未体験で、今思うと惜しまれてなりません。
園内も撮影で回っただけで、スカイ・ハリケーンに乗ることも無ければ、鉄道博物館内にも入らずじまいでした。
「さがみ」の愛称も今では懐かしい響きですね。
1990年当時は、3000系(SSE車)がまだ健在だったと記憶しています。「あさぎり」「えのしま」で主に運用され、重連で「さがみ」の運用にも就いていたように記憶しています。