新江62系統の痕跡を訪ねて

当ブログで度々取り上げていた都営バス・新江62系統は、2013年10月1日付けで廃止されました。
同年4月1日に運行を開始した西武バス・練48系統が、新江62系統と同ルートを運行しており、一応命脈は保たれています。
とは言え、廃止とともにバス停のポールは撤去され、時が経てば運行されていた事実も忘れ去られてしまうでしょう。

廃止から5ヶ月半経った今年の3月15・16の2日に分けて、廃止後のルートの一部ですが探索してみました。
3月15日は、練馬駅前よりに新江古田駅前までを辿りました。


 練馬駅前
d0242629_18460930.jpg
 
 忘れ去られた立て看板
d0242629_18492376.jpg

  (撮影のため起こしました!)
d0242629_18500650.jpg
国際興業バスのバス停ポールに寄りかかっていたこの看板は、平成15(2003)年4月1日より新江62系統の練馬駅北口ターミナルへの乗り入れ開始と、「練馬駅通り」バス停の移設を伝えるものでした。
それから約11年になろうとする現在に至るまで、放置プレイ状態で残されていました。


 練馬駅通り
d0242629_19160230.jpg
前述の通り、2003年4月1日よりここに新江62系統のバス停が移設されました。
今は、廃止のお知らせの立て看板だけがその事実を伝えています。


 豊玉北二丁目
d0242629_19243593.jpg
両方向ともに、バス停には上屋とベンチが設けられています。
現在の運行状況を考えると贅沢に思えますが、この路線の過去の栄華が忍ばれます。


 新江古田駅前
d0242629_19323812.jpg
起点となるこのバス停も、ここに来るのは今や1日2便のみ。
そんな上屋とベンチ付きのバス停は、一休みするには打って付け。
新江62系統廃止に伴い、上屋のイチョウマーク(東京都章)とみんくるは剥がされました。


 在りし日の新江62系統・大泉学園駅行き
   D-H227 練馬200 5 09 KL-HR1JNEE(日野) 2001年式
d0242629_19531584.jpg
去る2013年4月1日 — 大幅減便初日の新江古田駅前で撮影したもので、以前当ブログで公開したものを再掲載しました。

翌3月16日は、大泉学園駅北口に赴きました。


 大泉学園駅前
d0242629_20115778.jpg

 妙延寺前
d0242629_20135255.jpg
紹介した各バス停とも、新江62系統廃止後も現在に至るまで、廃止のお知らせの立て看板は撤去されずに残されていました。


by tane_mackey | 2014-03-16 20:47 | お出かけ | Comments(0)