出会えば幸運(?) — 立川バス H777

2014年5月4日(日曜 / みどりの日)、この日は特にこれと言った予定はなく、ふらりと立川駅北口に降り立ちました。


 立川駅北口 今昔

  〔現在〕
d0242629_00252292.jpg

  〔約28年前(1986年9月23日 撮影)〕

     A205 多摩22 か 28-78 P-U32K(日産 / 富士重) 1985年式  ※型式・年式は推定
d0242629_00303054.jpg
駅ビル(JR立川駅)の佇まいは変わっていないものの、駅前は大変貌を遂げています。
高島屋デパートは場所を移し、現在その跡地には多摩都市モノレールの「立川北」駅が在ります。
ペデストリアンデッキが架けられ、バス乗り場はその下に設けられました。

1976年から1985年までの間は、西武バスの社番(車体番号)は、現在とは表記方法が異なっていました。

西武バス立36系統は、この当時は立川駅北口〜西武球場前間の運行で、かつ野球開催時や催事時に運行される臨時系統でしたが、かつては立川駅北口〜所沢駅間を定期運行していました。
多摩都市モノレールの開通に伴って上北台駅〜西武球場前間に短縮され、「立36」の系統番号は消滅しました。

話はガラッと変わります。
「ラッキーセブン」の言葉があるように、西洋では「7」は幸運の数字とされ、日本でも同様です。
中でも「7」を3つ並べた「777(スリーセブン / トリプルセブン)」は、ことのほか幸運の数字として好まれる傾向があります。
その幸運の数字を持つバスに、この日のこの場所で出会いました。


 立川バス H777

    H777 多摩200 あ ・7 77 PKG-LV234L2(いすゞ / J-BUS) 年式不詳  ※型式は推定
d0242629_02014184.jpg
d0242629_02020719.jpg
この車両の型式は、車両の特徴から推定しましたが、年式を特定するには至りませんでした。

拝島営業所の所属であるこの車両は、社番も登録番号も共に「777」であるのが美点となっています。
ナンバープレート(自動車登録番号標)の平仮名が、中・大型の営業車(バス)の場合は「か」であるのが一般的ですが、この車両では「あ」となっているのが気になるところです。
希望番号の可能性がありますが、確証は得られませんでした。

ご存知の方はご一報を…。

《追伸》 2014年5月5日
 文章の一部手直しを行いました。

by tane_mackey | 2014-05-05 03:16 | 路線バス | Comments(0)