H777のご利益(?) — 西武バスA2-781にも出会う

先だって、立川駅北口での「立川バスH777目撃談」を書きましたが、私にとっては少々そのご利益(?)があったようです。
同じ日(2014年5月4日)、駅前の定食屋で昼食を済ませて戻ると、バス乗り場のこの車両に遭遇しました。
信号待ちの間に、取り急ぎ撮影しました。


 西武バス A2-781             立39系統

   A2-781 多摩200 か ・3 36 KL-UA272KAM(日産 / 富士重) 2002年式 
d0242629_12421847.jpg
この車両の新製配置は小平営業所でしたが、1年後には早くも立川営業所に転属となり、現在に至るまで活躍を続けています。
富士重工ボディー車(新7E)の淘汰が急速に進む中、以前に当ブログで取り上げたA2-784(新座営業所所属)ともども、今や希少な存在と言える状況です。

本当ならばこの車両に乗りたかったのですが、ペデストリアンデッキの階段を昇り降りしている間に出られてしまいました。

気を取り直して後続の西武バス「立34系統 久米川駅行き」のバスに乗り、東大和市駅まで行くことにしました。

東大和市駅前で、南街から折り返して来るこの車両を待ちましたが、なかなかやって来ません。
「ひょっとして、途中で行き違いになったのかも」の考えが頭を過りましたが、それでも努めて冷静に待つことにしました。やがて…


 東大和市駅前にやって来たA2-781          立39系統
d0242629_13215438.jpg
立川駅北口行き(西武)並びに柳沢駅行き(都営)のバスは、バスロータリーには入らず路上で客扱いを行います。


 立川駅北口に向けて発つ               立39系統
d0242629_13351573.jpg
三菱ふそうボディー車が幅を利かせるようになった昨今、富士重工ボディー車(新7E)の残存数は掴めていませんが、A2-781A2-784には少しでも長く活躍を続けて欲しいものです。

by tane_mackey | 2014-05-05 14:08 | 路線バス | Comments(0)