京急の黄色い電車


京急で「黄色い電車」と言えば、赤い帯を巻いた事業用車「デト(15〜18)」であり、出会えれば「ラッキー」と言われていました。
2014年5月1日に新1000系8両編成1本が、装いも新たに「幸福の黄色い電車(KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN)」としてデビューしました。

5月25日(日曜)、「黄色い電車」をはじめ京急の現役車両が集結する、『京急ファミリー鉄道フェスタ2014』会場に足を運びました。


 京急久里浜駅

    F1422 横浜200 か 40-16 QPG-LV234L3(いすゞ / J-BUS) 2014年式
d0242629_22565766.jpg
駅と会場間は、シャトルバスが頻繁運転されていましたが、のんびりと歩いて向いました。


 会場となった、京急ファインテック久里浜事業所
d0242629_23233216.jpg


 黄色い事業用車 デト15+デト16
d0242629_23274380.jpg
もう少し遅めにシャッターを切れば、下り本線を行く2100系との並びが撮れたのですが…。


 展示車両撮影エリアを望む
d0242629_23451434.jpg
一見すると、さほど混んではいないように思われますが、実際は思いのほか大勢の人たちがおり、移動は容易ならざる状況でした。
こういうときは短気は損気で、人の流れに身を任せるべきです。

ようやく最前列に出ることが出来ました。

 2011Fとデト15+デト16
d0242629_00024797.jpg
2000系は、2100系の登場により3ドアロングシート化され、側面は白帯1本となりました。
この画像では判りづらいですが、この編成はデビュー当時の復刻塗装となっています。


 カラフル京急
   〔左〕1057F 〔中〕606F 〔右〕2101F
d0242629_00263184.jpg
形式は違えども顔つきは同じ。
新1000系は「幸福の黄色い電車」となった57Fを、新600系は「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」となった06Fを、2100系はマスコットキャラクター「けいきゅん」入りの01Fを並べ、三者三様を演出。


 まんま西武(?)— 幸福の黄色い電車 1057F
d0242629_00450702.jpg
d0242629_00460815.jpg
黄色い車体色に銀色のドアは、西武電車のイメージが濃厚。
「飯能(武藏丘車両検修場のこと)から塗料を取り寄せた…」は、ある訪れた人のつぶやき。それがあながち冗談とは言えないほど、見れば見るほど西武…。
でもこの「幸福の黄色い電車」は、西武鉄道とのコラボレーションによるものではありません。

過去には、ラッピング広告によるコラボレーションが行われたこともあります。

 京急のラッピング広告を施した9107F    所沢駅にて  2012年3月26日 撮影

   ※以前に当ブログに投稿した画像を再掲載しました。(解像度を変更しました)
   ※現在は行われていません。
d0242629_01160759.jpg
このことが縁で、西武鉄道で京急仕様の「赤電」が走ればと密かに思っているのですが、全くの妄想で終わってしまうのでしょうか?


《追加情報》 2014年7月9日 22時41分
『西武鉄道で京急仕様の「赤電」が走れば…』が妄想ではなく、本当に実現する運びとなりました。
本日付けのナリナリドットコム様の情報によると、9000系1編成が7月19日(土曜)より当分の間、「幸運の赤い電車(RED LUCKY TRAIN)」として運行されるとのことです。

早く実車にお目にかかりたいものです。
それから、今後とも西武鉄道と京急電鉄がこのような良好な関係を維持し、ともに発展して行けば何よりです。

by tane_mackey | 2014-06-02 02:06 | 鉄道 | Comments(2)

Commented by まいんど at 2015-01-26 23:33 x

京急電鉄ではJR四国や土佐電鉄や京都市営地下鉄や新潟地区のJR東日本E127系のようなアンパンマン列車を走らせず、代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージ・Go!プリンセスの各プリキュアの描かれた電車を走らせるそうです(1994年と1995年に京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で8000系や今は無き6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急がアンパンマン列車を走らせる予定はなく、また、モスバーガーとミスタードーナツとの間でライスバーガーとドーナツ、京急と西武との間で赤と黄色の入れ替えはあるが、京急の赤い電車とJR四国のアンパンマン列車の入れ替えは無い)。
理由として、やなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が激減していることと、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつての横須賀市内での1500形電車の脱線事故を連想させて不吉・不適切なことと(相鉄でもかつて湘南台駅で8000系電車が作業用の車両との衝突事故に遭遇し、その後廃車されてしまうということもあった)、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。
Commented by tane_mackey at 2015-01-27 23:07
まいんど様、コメント有難うございます。
当方60のオッサン故、噛み合わない部分が多々あるかも知れませんが、何卒ご容赦を!
アンパンマン列車の件ですが、2010年の夏に高知を訪ねる機会があり、土佐電鉄とJR四国双方のラッピング車に遭遇し、撮影した思い出があります。
西武鉄道とアニメは浅からぬ繋がりがあります。
コメントで触れていた『プリキュア』については、東映アニメーションのスタジオが練馬区東大泉(最寄り駅「大泉学園」)にあるという繋がりがあり、過去にスタンプラリーが企画されました。
そして忘れてならないのが、2009年5月1日〜2014年12月20日の長きにわたり運行された『銀河鉄道999』です。

現在『あの花』『妖怪ウォッチ』『四月は君の嘘』の、アニメ関連のラッピング広告車が西武鉄道で運行されています。

今後とも、京急と西武との良好な関係が継続出来れば何よりと思います。
字数制限の絡みもあり、これにて失礼致します。