2016年元日 ― 「初日の出号」で江ノ島へ…

d0242629_11494627.jpg
2016年元日 ― 私の事始めは、未明に運行された臨時電車「みなと横浜初日の出号」の乗車でした。「初日の出号」の乗車は、これで3年連続となります。
「今年こそは江ノ島で初日の出を…」の気持ちが勝り、2年連続で江ノ島へと向いました。因みに昨年は、無情にも雲に覆われて初日の出を拝むことは叶いませんでした。


 未明のひばりヶ丘駅前
d0242629_12055652.jpg
ロータリーはひっそり。駅舎とテナントのコンビニの照明が煌々と灯る。


 「初日の出号」到着
d0242629_12121305.jpg
ひばりヶ丘駅4時15分発。3年連続で東京メトロの10000系が充当され、今年は10122Fが運用に就きました。「みなと横浜初日の出号」であることの案内放送はありましたが、今年もヘッドマーク等の掲出は行われませんでした。
西武線内は快速、東京メトロ副都心線内は急行、東急東横線内とみなとみらい線内は特急として運行され、今回は日本大通り駅に臨時停車が行われました。

場面は、一気に横浜駅に飛びます。

 横浜駅に到着
d0242629_12280441.jpg
今年もここで下車し、JR東海道線に乗り換えて藤沢駅へと向いました。

藤沢駅に到着後は、昨年は小田急線を利用しましたが、今年は江ノ電を利用して江ノ島へと向いました。


 江ノ電 藤沢駅にて
d0242629_12441162.jpg
改札口の両脇には門松が設えられている。


     21F(21)ほかの重連 
d0242629_12441824.jpg
6時00分発鎌倉行き。この電車で江ノ島へと向いました。


 江ノ島駅にて
d0242629_13570167.jpg

d0242629_13070219.jpg
駅舎並びにホームの上屋には、ご覧のように電飾が施されていました。


     1502F(1502)+500形
d0242629_13071933.jpg
1502Fは昨年更新工事を受け、シングルアームパンタ化と表示器のLED化、前面窓の遮光フィルムの廃止が、外観上の大きな変化です。室内灯のLED化と、ドア上にはLCD案内表示器の設置も行われています。

前面表示器はフルカラーLED化され、季節等により図柄を変化させるようになっています。(側面は3色LEDで文字のみを表示)
このインパクトは大きく、訪れた人の多くがカメラのレンズを向けていました。

     鎌倉行き(迎春)
d0242629_13353760.jpg

     鎌倉行き(あけましておめでとうございます)
d0242629_13392747.jpg

参考までに、藤沢行きについても紹介しておきます。(撮影時間帯並びに車両は異なります)

     藤沢行き(獅子舞)
d0242629_13430519.jpg

     藤沢行き(門松)
d0242629_13450123.jpg

江ノ島大橋の歩道上や海岸に降りる石段は言うに及ばず、砂浜にも多くの人たちが訪れており、日の出の時を待っていました。やがて…


 片瀬海岸東浜より初日の出を望む
d0242629_14131760.jpg
d0242629_14160722.png
d0242629_14164449.jpg
d0242629_14160722.png
d0242629_14172174.jpg
d0242629_14160722.png
d0242629_14180076.jpg
d0242629_14160722.png
d0242629_14183653.jpg

 江ノ島大橋より富士を望む
d0242629_14275302.jpg
山頂付近の雪は例年よりも少ない。先月が比較的温暖だった影響か?


富士山を登場させた絡みで、江ノ電と富士との取り合わせの画像を披露させて頂きます。


 鎌倉高校前駅を後に…     1201F(1251)+2000形   鎌倉高校前〜峰ヶ原(信)
d0242629_14373619.jpg
1201Fには台湾鉄路管理局との観光連携協定記念のラッピングが施されています。

 
 峰ヶ原信号場を抜けて…     22F(62)ほかの重連    峰ヶ原(信)〜七里ヶ浜 
d0242629_15154742.jpg
峰ヶ原信号場での離合を済ませ、車窓に海を望みながら一路鎌倉を目指します。


 姥ヶ谷のカーブを抜けて…   2002F(2052)ほかの重連   七里ヶ浜〜稲村ヶ崎
d0242629_15592489.jpg
《後追い撮影》

当画像の撮影地点より鎌倉寄りの通称「姥ヶ谷のカーブ」は、江ノ電と富士山の撮影ポイントとしてよく知られており、この日も既に何人か訪れていました。
今回は、富士山に電線がかぶらないように撮影ポイントを探し、結局このアングルで妥協しました。

一つだけ残念だったのは、最古参の305Fが運用に就いていないことでした。


〔2016年1月1日 取材 / 1月2日 記〕

by tane_mackey | 2016-01-02 16:32 | 鉄道 | Comments(0)