四日市あすなろう鉄道を訪ねて

 三岐鉄道三岐線の取材後、同じ三重県内を走る四日市あすなろう鉄道を取材しました。

 近鉄四日市駅に隣接するあすなろう四日市駅より、今では珍しくなった軌間762㎜の特殊狭軌(いわゆるナローゲージ)を採用する電化路線、四日市あすなろう鉄道が伸びています。あすなろう四日市〜内部間を結ぶ内部線と、途中の日永より分岐し西日野に至る八王子線とで構成されています。

 歴史を遡ると、1912年から1915年に三重軌道が開業させた四日市市駅〜日永〜八王子村(後の伊勢八王子)と、1922年に三重鉄道が開業させた日永〜内部がルーツとなります。

 その後幾多の変遷の後、近畿日本鉄道(近鉄)の内部線並びに八王子線となりましたが・・・

  1974年07月25日  集中豪雨により八王子線・西日野〜伊勢八王子が不通となり休止
  1976年04月01日  西日野駅を日永駅方に移転し、日永〜西日野(新)が開通。以遠は廃止
  2014年03月27日  四日市あすなろう鉄道設立(近鉄が75%、四日市市が25%出資)
             ※同市が施設・車両を保有する「公有民営方式」を採用
  2015年04月01日  四日市あすなろう鉄道により内部線並びに八王子線の運営開始

 更に2015年より、既存車両のリニューアル並びに新車との置き替えが進められ、2019年1月に冷房化率100%が達成されました。

 以降では、2019年8月11日に取材した際に撮影した画像を紹介致します。

  あすなろう四日市駅
d0242629_12242375.jpg
近鉄名古屋線の高架下に改札口が在ります。


d0242629_12295037.jpg
ホーム上の駅名板


 ここから電車に乗り、分岐点となっている日永駅で途中下車しました。

  日永駅
d0242629_12414145.jpg
ひっそりとした無人駅。


d0242629_12545520.jpg
2・3番線ホームの形状は、富山地方鉄道の寺田駅を想い起こさせます。
右手のホーム(旧4番線)は、八王子線の短縮に伴い廃止されました。


d0242629_13251874.jpg
3種類の軌間(762㎜・1067㎜・1435㎜)でレールを敷設した模擬軌道。
標準軌(1067㎜)用輪軸と、特殊狭軌(762㎜)用台車が置かれています。


d0242629_13340460.jpg
1番線ホーム。2・3番線ホームとは千鳥配置となっています。


d0242629_13364230.jpg
1番線ホームに進入する262F262+181+162)「内部」行き。
この塗色は現標準色で「なろうグリーン」と呼ばれています。

 なお当ブログ上では、便宜上四日市方のMc車260形)の車号を編成番号としています。また当鉄道では、検査等により度々車両の組成換えが行われており、流動的であることも申し述べておきます。


 この車両に乗車して、内部線の終点・内部駅を目指しました。

  泊駅での交換
d0242629_14124289.jpg
右側通行で「あすなろう四日市」行きの264F264+184+161)と交換。


d0242629_14153863.jpg
唯一「なろうブルー」と呼ばれる塗色で残る161


  内部駅
d0242629_14015598.jpg
駅舎外観。あすなろう四日市駅とともに数少ない有人駅です。


d0242629_23320919.jpg
1面1線のホーム。


d0242629_23345320.jpg
唯一の2両編成263F263+164)は留置線でお休み。
ATSの地上子と車上子の設置の仕方に注目!


d0242629_23404240.jpg
車両の検修は、隣接の内部車庫で行われています。

 この後、八王子線・西日野駅へと向かいました。前出の日永駅では、内部線の「あすなろう四日市」行きと八王子線「西日野」行きが接続するよう、ダイヤが組まれています。

  西日野駅
d0242629_23570070.jpg
1面1線の無人駅。

 現在は支線のような存在ですが、路線の歴史上では四日市〜日永〜伊勢八王子が本線格でした。1974年7月25日の集中豪雨により八王子線が不通となった際、八王子線全線の廃止が検討されましたが、利用者の強い存続要望により日永駅〜西日野駅(新)が復旧されました。

d0242629_00155544.jpg
駅前に掲げられている、在りし日の八王子線の解説板。


d0242629_00190229.jpg
僅かに残る、草茫々の廃線跡(?)。

 今回は八王子線の廃線跡の探訪は割愛しました。実のところ、前述の集中豪雨後に道路並びに天白川の改修が行われ、終点だった伊勢八王子駅以外は痕跡はほぼ失われているようです。


d0242629_00464036.jpg
この日はあすなろう四日市〜西日野の運用に就いていた265F265+183+163)
この編成には、「シースルー列車」のヘッドマークが取り付けられています。

d0242629_00531029.jpg


d0242629_00535011.jpg
 163はシースルー車両となっています。床の一部が強化ガラス張りとなっており、道床や走行時の車輪の動きを見ることが出来ます。ただし完全な無色透明ではなく、見る角度によっては室内灯が映り込むため、思ったよりも暗く見づらい印象を受けました。


  車内の様子
d0242629_01362077.jpg
 各車両とも、一方向固定の一人掛け座席が左右に設けられており、優先席のモケットはブルーとなっています。冷房装置は床上設置式で、冷風はダクトを介して送られます。


d0242629_01454668.jpg
背摺り脇の取っ手はハート形となっています。


  おまけ〜近鉄四日市駅前のアーケード商店街

 近鉄四日市駅前のビジネスホテルに宿を取りましたが、チェックイン予定時間まで間があったため、アーケード商店街を散策しました。
d0242629_02055128.jpg
一番街商店街
七夕飾り(吹き流し)と「令和」の垂れ幕が吊り下げられていました。

d0242629_02071541.jpg
表参道スワマエ商店街
「東海道 ここは四日市」ののぼり旗が目に付きます。


 翌12日は、同じ三重県内を走るもう一つの特殊狭軌線・三岐鉄道北勢線の取材と相成りました。こちらについては、後日の投稿で紹介させていただきます。


〔2019年8月11日 取材 / 8月24日 記〕

# by tane_mackey | 2019-08-24 02:41 | 鉄道 | Comments(0)

三岐鉄道三岐線を訪ねて

 2019年8月11日。三重県のローカル私鉄の一つ、三岐鉄道三岐線(以降では「三岐線」と記す)を訪ねました。
 
 まずは三岐線の大まかな略歴を紹介します。

 【三岐線の略歴】
  1931年07月23日  (国鉄→JR東海)富田〜東藤原間開業
      12月23日  東藤原〜西藤原間延伸
  1937年12月02日  西藤原〜関ヶ原間免許失効
  1970年06月25日  三岐朝明(現 信号場)〜近鉄富田間の近鉄連絡線が開業。
  1985年03月14日  富田駅への旅客列車乗り入れ休止。


  近鉄富田駅
d0242629_08412300.jpg
東口駅舎。近鉄の駅員が居り、三岐線の普通乗車券も発売しています。


d0242629_08431988.jpg
西口駅舎。この画像では判りづらいですが、駅舎はクジラを象った造りとなっています。
三岐線の定期券や1日乗り放題パスは、三岐鉄道の駅員が居る西口でのみ発売しています。
界隈で鯨漁が行われていた歴史があり、8月14・15日には「鯨船行事」が行われます。


d0242629_08582374.jpg
1番線ホームより2・3番線ホームを望む。


2803F2803+2853+2903)
d0242629_09012824.jpg
1番線ホームに到着した準急「四日市」行き。


d0242629_09124689.jpg
3番線ホームに停車する103Fクモハ104
100形は元西武401系。西武時代はパンタグラフ搭載車が偶数となっていました。


d0242629_09173823.jpg
三脚を使用してクモハ103と並んで自撮り(迷惑にならない頃合いで行いました)。


d0242629_09300819.jpg
クモハ103の車体表記。


 遅ればせながら、三岐線内では交通系ICカードは利用出来ません。交通系ICカードを利用して近鉄富田駅で下車した際は、一旦改札口を出てから三岐線の乗車券を改めて購入する必要があります(1日乗り放題パスは西口でのみ発売)。


  103Fの車内にて
d0242629_09361884.jpg
今も残るシルバーシートステッカー。


d0242629_09375833.jpg
「サイクルパス」を表示している時間帯は、車内に自転車を持ち込むことが出来ます。
(近鉄富田を除く各駅にて、乗車券のみで持ち込みが可能です。)


  保々駅&保々車両区
d0242629_10000312.jpg
平屋建ての駅舎
構内に車両区、施設区、CTCコントロールセンターが置かれ、運転の中枢となっています。


保々車両区(敷地外より撮影)
d0242629_10084347.jpg
車両区で整備中の801Fクモハ801モハ802+クハ1802)。800形の種車は元西武701系。
クモハ801・803・805は、西武所沢車両工場にて中間電動車に運転台取り付け改造されました。


保々車両区(敷地外より撮影)
d0242629_10323876.jpg
今年の4月21日より「西武赤電色」で運行開始した803Fクモハ803モハ804+クハ1804)。
電気連結器はダミー。残念ながら、この日は運用に就いていませんでした。


d0242629_10384739.jpg
 検査標記、形式・自重・定員・所属の各表記は、現在の西武鉄道では省略されており見られません。「保」は保々車両区の所属を表していますが、かつての西武鉄道の保谷車両管理所(現 電留線)所属車を彷彿とさせます。


保々駅〜山城駅(敷地外より撮影)
d0242629_10583822.jpg
西武イエローを纏う805Fクモハ805モハ806+クハ1852)の「近鉄富田」行き。
2018年4月26日より、このカラーで運行されています。
805Fのダミーの電気連結器は、西藤原方のクハ1852にのみ取り付けられています。


保々駅
d0242629_11102180.jpg
貨物列車の先頭に立つED5082と顔を並べた851Fクハ1881
851Fの種車も元西武701系。竣工時の編成は、クモハ851モハ881+クハ1851。
800形はFS-342、850形はFS-372 (M車)、FS-072(Tc車)と台車が異なっています。
クモハ851は800形と同様、西武所沢車両工場にて中間電動車に運転台取り付け改造されました。
クハ1881(元西武クハ1238)は、クハ1851(同クハ1796)の事故廃車に伴い代替、組成されました。


d0242629_11415235.jpg
保々駅に進入する805F「西藤原」行き。
前述のとおり、西藤原方のクハ1852にはダミーの電気連結が取り付けられています。
因みに803F(赤電)には、両先頭車にダミーの電気連結が取り付けられています。


  801Fの車内にて
d0242629_12082381.jpg
中吊りされていた西武時代の映像ポスター。


d0242629_12100759.jpg
今はなき西武所沢車両工場の銘板。


  大安駅
d0242629_12525768.jpg


  貨物鉄道博物館(前面展望)
d0242629_13015455.jpg
丹生川駅構内に在り、この日は休館でした。


  伊勢治田駅
d0242629_13072203.jpg
「近鉄富田」行き103Fと交換。


  太平洋セメント藤原工場(前面展望)

東藤原駅〜西野尻駅
d0242629_13114758.jpg
東藤原駅〜JR富田駅間で、貨物列車によるセメント輸送が行われています。
かつては西武鉄道や秩父鉄道でも行われていましたが、いずれも過去のものとなりました。


  西野尻駅
d0242629_13183230.jpg
小さな待合室と短い上屋だけの簡素な駅で、三岐線で唯一の終日無人駅です。


  西藤原駅
d0242629_13231860.jpg
旧員弁郡藤原町。現在は広域合併により、いなべ市に編入されています。


d0242629_13274557.jpg
藤原岳や御池岳への登山口の駅となっています。
岐阜県関ヶ原への延伸はならず、路線は三重県内にとどまりました。


d0242629_13402277.jpg
SLと客車を模した造りの駅舎。簡易郵便局が併設されています。


d0242629_13422315.jpg
E102号蒸気機関車。開業時より1954年まで活躍しました。


d0242629_13471045.jpg
ED22 2号電気機関車。1956年より1984年まで活躍しました。


 藤原岳をバックに走る貨物列車や電車のシーンを撮影すべく、三岐線を訪れるファンは少なくないようですが、今回は乗り鉄をメインとしたため割愛し、お手軽な撮影と相成りました。
 800形2編成が往年の西武カラー(701系新旧冷房改造車色)を纏ったことで、西武鉄道ファンからは一層注目されるようになりました。両編成が行き交うシーンは、今回はお預けとなりましたが、機会があればまた足を運んでみたいと思っています。

【追伸】
 三岐鉄道の車両について詳しく知りたい方は、『三岐鉄道車両図鑑』にアクセスしてみてはいかがでしょうか。三岐線については、過去に所属した車両についても知ることが出来ます。ご参考までに。


〔2019年8月11日 取材 / 8月17日 記〕 

# by tane_mackey | 2019-08-17 14:39 | 鉄道 | Comments(0)

関東バスを乗り継ぎ、烏山の寺町へ

 2019年7月30日。梅雨明けの猛暑の中をバスを乗り継いで、目的地の最寄りである千歳烏山駅を目指しました。

  石神井公園駅南口荻11系統「荻窪駅」行き

     C835 練馬200 か 32-48 TKG-MK27FHF(三菱ふそう / MFBM) 2016年式
d0242629_10343350.jpg
 敢えて本数の少ない荻11系統を利用しました。この路線は西武バスとの共管路線ですが、平日22本(うち関東バス6本)、土休日20本(同5本)と本数は少なく、今回はその中で数少ない関東バス担当便(平日 12時27分発)に乗車しました。


 道中、熱烈な猛虎ファンの駆る軽ワゴンを目にし、思わず撮影しました。

喜楽沼〜八成橋(たぶん)
d0242629_11003932.jpg
当然ながら、車体側面にはTigersのロゴとマスコットの虎が描かれていました。


  荻窪駅北口
d0242629_11095818.jpg
荻11系統はここが終点。JR荻窪駅の自由通路を通り、南口に移動しました。


  荻窪駅南口
荻60系統
d0242629_11164953.jpg

     E351 練馬200 か 12-03 PB-RM360GAN(日産D / 西工) 2005年式
荻58系統
d0242629_11205994.jpg
経由地の表示が強調され、行き先の「北野」が添え書きのような扱いとなっています。
この荻58系統は、荻54系統(荻窪駅南口〜芦花公園駅)とセットダイヤになっています。


  千歳烏山駅

     E351 (前出)以下 略
d0242629_11370415.jpg
 行き先表示はシンプルに「北野」となっていました。バス停は旧甲州街道上に在り、この1番乗り場から京王線の千歳烏山駅までは、道なりで200mほど離れています。
 ここから寺院通りを行く関東バス烏01系統に乗り継ぐには、奥の信号の在る交差点を渡った、3番乗り場まで移動する必要があります。


     E347 練馬200 か 12-00 PB-RM360GAN(日産D / 西工) 2005年式
烏01系統
d0242629_11540571.jpg


d0242629_11572094.jpg
系統番号が枝番付きとなっているのは、五日市街道営業所への入庫便です。


 ここで関東バス烏01系統について紹介しておきます。
d0242629_12225348.jpg
関東バスの路線図より、一部抜粋(コピー)しました。

 この路線は、千歳烏山駅→寺院通り(道路名は寺町通り)→久我山病院→中宿→千歳烏山駅の、時計回りの循環路線となっています。なお、五日市街道営業所への入庫便は、中宿→芦花公園駅→高井戸駅→柳窪を経由して入庫となります。

 今回は千歳烏山駅より久我山病院まで乗車し、経路を遡るように徒歩で取材を行いました。なお画像の紹介については、バスの進行方向に従いました。


 千歳烏山駅を出て程なく交差点を右折して、烏山交番横通りに入ります。
d0242629_12431604.jpg
d0242629_12462121.png
  交番前
d0242629_12472942.jpg
d0242629_12462121.png
  交番前→烏山中学校
d0242629_12502591.jpg

d0242629_14532674.jpg
石材店の大看板。
d0242629_13160497.png

  烏山中学校前
d0242629_12531248.jpg
d0242629_12462121.png
  烏山中学校前→烏山北小学校前(烏山交差点)
d0242629_12561833.jpg
烏01系統のバスは、甲州街道を横切って進みます。

d0242629_12562845.jpg
烏山交差点を抜けると、通りは一方通となります。
d0242629_12462121.png
  烏山北小学校前
d0242629_13020146.jpg
d0242629_12462121.png
  寺院通1番
d0242629_13050024.jpg
d0242629_12462121.png
  寺院通1番→寺院通2番(寺院通り高速下交差点)
d0242629_13073458.jpg
オーバークロスする高架は中央高速道路です。
d0242629_12462121.png
  寺院通2番
d0242629_13123976.jpg
d0242629_12462121.png
  寺院通3番
d0242629_13144040.jpg
d0242629_13160497.png
  寺院通4番
d0242629_13172315.jpg

     E831 杉並200 か ・ ・ 66 TKG-MK27FHF(三菱ふそう / MFBM) 2016年式
d0242629_13155725.jpg
E347と入れ替わりやって来たE831を望遠側で捉える。
d0242629_13160497.png
  寺院通5番
d0242629_13260376.jpg
5つ続いた寺院通◯番のバス停はここで終了。
バス停そばに、日本女子体育大学第2グラウンドが在ります。
d0242629_13160497.png
  北烏山五丁目
d0242629_13381033.jpg
d0242629_13160497.png
  北烏山五丁目→国学院前
d0242629_13413307.jpg
一方通行の寺町通りはここで終わり、右折して下本宿通りに入ります。
d0242629_13160497.png
d0242629_13463645.jpg
 この界隈には、國學院大學付属の幼稚園・中学校・高等学校が在ります。鉄筋コンクリート造りのアパート前には国学院前バス停が在ります。
d0242629_13160497.png
  久我山病院
d0242629_14010155.jpg
 ここから先は、2車線の松葉通りを南下して千歳烏山駅へと戻ります。なおこの区間については今回は乗車せず、出口側の松葉通り入口交差点での撮影にとどめました。
d0242629_13160497.png
  中宿→千歳烏山駅(松葉通り入口交差点)

     E831(前出) 以下 略
d0242629_14155454.jpg
 この烏01系統は、普段は中型車による12分間隔(2台体制)ないしは24分間隔(1台体制)の運行ですが、お彼岸の多客時には臨時増便が行われ、その際には大型車の充当もあるとのことです。

 今回は、関東バスの3路線を乗り継ぐ形としましたが、同様のチャレンジを行う際の最大のネックは、本数の少ない荻11系統になるでしょう。ただ、バスの乗り継ぎにこだわらないのであれば、吉祥寺駅より京王井の頭線と京王線を乗り継ぐルートが、乗り換えロスも少なく妥当かと思います。


〔2019年8月7日 記〕

# by tane_mackey | 2019-08-07 15:16 | 路線バス | Comments(0)

ホワイト国除外〜韓国与党議員発言にツッコミ

 2019年8月2日に、日本政府が韓国の「ホワイト国除外」を発表したのは、既にご存知のことでしょう。実際に施行となるのは今月下旬と言われています(今月7日に官報にて公示、21日後の28日に発効の見込み)。
 韓国国内の反発は言うに及ばず、日本国内においても「外交的命題に対して、経済的な報復手段を用いた禁じ手」と言った意見が出ていますが、政治と経済は車の両輪であり、「外交は政治問題だけを取り上げ、経済問題は無関係」の言い分は余りにナンセンスです。今回の措置は、「武力を行使せずに揉め事を解決する」手段としては、むしろ「アリ」だと思っています。そもそも、一方的にパンチを繰り出す韓国の所業には一切触れず、「ホワイト国除外」だけを非難するのは、決して国粋主義者ではない私であっても、首を傾げずにはいられません。本当の禁じ手は「武力による報復(論外)」、「全面禁輸」、「誹謗中傷の流布」、「交流停止」、そして「国交断絶」ではないかと思っています。
 韓国側の過激さを増す反日ヘイトアクションをみると、たとえ「ホワイト国除外」を取りやめたとしても、たとえ謝罪したとしても、状況が好転する可能性はほぼないと言えます。

 なぜなら、日韓関係の2つの命題を同時に成立させようとすると、互いが矛盾する二律背反的な状況に陥ってしまうからです。韓国側の立場で表現するとー
  ①過去の歴史問題は根深く、日本への攻撃の手は些かも緩めず、あらゆる手段を使って追い詰める。
  ②素材分野や工作機械分野での日本への依存度は高く、貿易をする上で日韓間の摩擦はあってはならない。

 韓国側の「喧嘩売るけど、仲良く(貿易)したい」がいかに矛盾に満ちているかは、ちょっと考えれば誰でも判りそうなものですが、いかがでしょうか?

 「悪いのは全て日本」の姿勢、自己中心的な上から目線の言い分、聳え立つほど高いプライドを鑑みると、韓国側が譲歩することは望み薄でしょう。韓国側の挑発に対して、決して日本側からは安易なヘイト返しは起こさず、冷静沈着な外交的返礼に徹して欲しいものです。ただし「男は黙って…」は外交の世界では通じないので、情報発信は饒舌かつ積極的に行なうべきです。

 前書きが長くなってしまいました。YouTubeを視聴していると、「日本の政治の底力」様がアップしていた動画を目にし、そこで取り上げられていた韓国与党のイ・インヨン氏の発言がたいそう気になり、特に気になった部分をスクリーンキャプチャーの上、その画像に上書きを行う形でツッコミを入れてみました。
d0242629_01470501.jpg
取り消し線、テキストの追加、モザイク処理は当方で行いました。
(勝手に弄って申し訳ありません)


お粗末でした。
 
 
〔2019年8月4日 記〕

# by tane_mackey | 2019-08-04 02:24 | 政治・経済 | Comments(0)

蒼天~柳沢駅行き

 2019年7月26日。この日は朝から梅雨明けを思わせる晴天でした。それまでは記録的な日照不足が続いており、このような青々とした空を拝むのはいつの日以来でしょうか。
d0242629_23084014.jpg
自宅付近にて。なんの変哲もない光景ですが…

 この好天に誘われるように、路線バスの取材として三鷹駅北口と吉祥寺駅北口にて撮影を行いました。


  三鷹駅北口にて、珍客との遭遇。

    〔右〕B1221 多摩200 か 15-05 PKG-RA274KAN(日産D/ 西工) 2007年式
    〔左〕2018 練馬230 さ 20-18 PKG-AP35UM(UDトラックス / MFBM) 2010年式
d0242629_00124574.jpg
 お目当ての関東バス鷹13系統「柳沢駅」行きを撮影すべく駆け寄ると、その隣に「安全運転訓練車」が停車し、歩行者が渡り切るのを待っていました。調べてみると、関東バスの「安全運転訓練車」は現時点ではこの1両のみで、まさに珍客とのラッキーな遭遇でした。2018年に東急テクノシステム 交通事業本部 自動車工事部にて、元B1317を改造したもので、その際に自家用ナンバーとなりました。


  場所を移し、吉祥寺駅北口にて。

     B1435 多摩200 か 23-89 QKG-MP35FMF(三菱ふそう / MFBM) 2012年式
d0242629_00135545.jpg
 この2番乗り場からは、関東バス吉53系統「柳沢駅」行きが出発しています。1番乗り場からは、関東バス吉55系統の武蔵野市役所経由「柳沢駅」行きの便もありますが、こちらは朝1便のみとなっています。

 この便は見送り、1本後の便で「柳沢駅」に向かいました。さて、終点の「柳沢駅」の正体は―


  西武新宿線 西武柳沢駅

     B1802 多摩200 か 26-45 QPG-LV234N3(いすゞ / J-BUS) 2014年式
d0242629_00194052.jpg

d0242629_00242314.jpg
バスロータリーは、この南口側のみに在ります。

 既に見て来た通り、行き先表示において「西武」の冠称は省かれており、それを反映してか、案内放送での西武新宿線への乗り換えの告知は行われていませんでした。現在は関東バスのみですが、かつては都営バスの姿も見られました。

     W-R577(青梅) 八王子200 か 11-06 PKG-KV234L2(日野 / J-BUS) 2007年式
                                      2015年3月29日 
d0242629_00452545.jpg
 都営バスにおいても、到着便の行き先表示は「柳沢駅」となっていました。梅70系統(本線)は、同年4月1日付で「花小金井駅北口〜青梅車庫」に短縮されました。

 さて、駅名において「西武」を冠していると言うことは、他にも「柳沢駅」は在るはず。調べて見ると、「柳沢駅」は過去にもう2駅在りましたが、路線の廃止とともに廃駅となりました。
  【廃駅】柳沢(やなぎさわ)駅・・・長野電鉄木島線に在った駅。
                   1925年7月12日開業。2002年3月31日路線の廃止により廃駅。
  【現存】西武柳沢(やぎさわ)駅・・1927年4月16日開業。
  【廃駅】柳沢(やなぎさわ)駅・・・十和田観光電鉄線に在った駅。
                   1932年12月1日開業。2012年4月1日路線の廃止により廃駅。

 これにより「柳沢」の付く駅は「西武柳沢駅」が唯一となりましたが、実は「やぎさわ」と読む駅はもう1駅在ります。
  【現存】八木沢駅・・・上田電鉄別所線の駅。1921年6月17日開業。

 今回は以上です。


〔以上 2019年7月27日 記〕


《追補》 2019年7月28日
 補足というよりは蛇足に近いので、興味を持たれた方はお付き合い願います。

  隠れた武相運賃採用路線
 ご存知の方も多いとは思いますが、東京都内を走る路線バスの運賃は、東京23区内に武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市を加えた区域内は均一制運賃、それ以外の区域は区間制運賃となっています。そして神奈川県においては、川崎市内と横浜市内は均一制運賃、それ以外の区域は区間制運賃となっています。そして、この両都県の区間制運賃区域の運賃は武相運賃とも呼ばれています。因みには「武蔵」、は「相模」を表しています。

 今回取り上げた鷹13系統吉53(・吉55)系統には、西武柳沢駅近辺の狭いエリアですが武相運賃採用区間が存在しています。
d0242629_13393266.jpg
関東バスの路線図(吉祥寺駅・三鷹駅エリア)※一部抜粋

 武相運賃は、この路線図の黄緑色の区域で採用されています。この図からも、均一制運賃区域と武相運賃区域とを跨る越境路線が数在ることが判ります。因みに、鷹13系統吉53(・吉55)系統の東伏見稲荷神社〜柳沢駅間の運賃は180円(大人 現金払い)ですが、この区間だけの利用者は皆無でしょう。全線乗車しても、均一制運賃区間と同額の220円(同)となっています。関東バスの越境路線では、本来は行き先を告げて運賃を前払いする「信用制」なのですが、鷹13系統吉53(・吉55)系統については、事実上全線均一制運賃路線として扱われています。

# by tane_mackey | 2019-07-27 01:45 | 路線バス | Comments(0)

対韓外交はクール&ドライで

 長文の投稿ですが、お付き合いいただければ幸いです。

 日韓関係はかつてないほど冷え込んでいます。そんな折りに日本政府は「特定品目の輸出手続きの厳格化」の方針を打ち出しました。それが実施されると韓国にとっては、半導体製造に必要不可欠なフッ化水素などの特定品目の輸入が厳格化され、韓国の半導体業界のみならず、産業界全体にかなりの打撃をもたらすと予測されています。同時に、当の日本も傷を負うとの予測もあります。
 とは言ってもこれは韓国への禁輸措置ではなく、今まで行ってきたホワイト国待遇を撤回し、そうでない国と同様の審査と手続きに移行するだけのことです。つまり、決められたとおりにきちんと申請すれば、今までよりは時間はかかるものの輸入は出来ることになっています。ですから、現時点で「対韓輸出規制」と言うのはやや大げさな表現と言えます。

 私自身は、必ずしも安倍政権を支持する立場ではありませんが、今回日本政府が打ち出した「特定品目の輸出手続きの厳格化」については、韓国がどのような罵詈雑言を繰り出そうとも、そうであればあるほど撤回してはいけないと思っています。

 私なりの理由を挙げると―
   ①韓国側の不都合な真実(第三国への迂回輸出)が明るみとなった。
   ②反証や再発防止策等を示すことなく、措置の撤回を言い募っている。
   ③措置の撤回により、一層隠密裏に迂回輸出を行う可能性が高い。
   ④「措置を撤回した日本が悪い」と③を正当化する可能性が高い。

 今回の措置を打ち出した理由である「安全保障上の懸念」を払拭する上で、韓国に反証があれば事実と認識出来る反証をさせた上で、再発防止策や罰則を含めた履行義務を提示させることは、必要不可欠の条件です。それなくして措置の撤回は断じてあり得ません。

 仮にここまでやったとしても―
  ⑤「過去の歴史問題」をてこに、日本をサンドバッグにしている。
  ⑥国の長(文 在寅)自ら、「日韓慰安婦合意」を躊躇なく反故にした。
と言う2つの事実からも、韓国が無礼を無礼と思わない行為を止める可能性はほぼないどころか、自暴自棄的に増大させる可能性さえあります。韓国にもはや信頼を寄せることは出来ませんし、相互信頼など夢のまた夢です。

 そうであればあるほど、「過去の歴史問題」が無礼の免罪符とはならないことを解らせるべきです。挑発対挑発の誘いには乗らず、あくまでも冷静沈着(むしろ冷酷無比とさえ思わせるよう)に理詰めの外交的返礼でです
 韓国はWTO(世界貿易機関)への提訴も辞さないと息巻いていますが、日本はこのスタンスで受けて立つべきです。世界の良識を信じるべきです。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 YouTubeを視聴していると、「対韓輸出規制」について触れた動画はいくつもヒットします。その中で「これは面白い…」と思ったワンシーンが在り、スクリーンショットしたものを紹介します。

 マスコミの良心〜身内から文 在寅へ盛大なブーメラン
d0242629_18335390.jpg
《スクリーンショットした画像に手を加えています。》

 ここで紹介されている記事は、朝鮮日報の2019年7月7日付で出されたものです。文大統領にとっては身内からの盛大なブーメランであり、とんだ赤っ恥をかかされたものです。マスコミの良心であり鑑でもありますが、朝鮮日報の関係者が心配になって来ます。

 果たして、今後どのような展開を見せるのでしょうか?

  「おら、((o(´∀`)o))ワクワクして来たど!」


〔以上 2019年7月20日 記〕


《追補》
 今回の一件で、韓国国内では過激な日本製品の不買(不売)運動が行われています。
d0242629_13110298.jpg
YouTubeより画像を転載し、一部加工を行いました。

 一方で「日本車へのガソリン給油拒否」など、自国民がしわ寄せを受ける事態も起きています。日本側からは「だったらフッ化水素も不買でね」とツッコミが入るちぐはぐさです。

 韓国のWTOへの提訴については、日韓が互いの主張を述べただけで議論とはならず、「両国の問題なので」で終わりました。

 そうこうしているうちに、トランプ米大統領は「裕福な国でありながら、発展途上国として優遇措置を受けている状況を直ちに見直せ」「90日以内に行わなければ、アメリカ単独で優遇措置を取り消す」と、現在のWTOの対応を非難するメッセージを発信しました。その中には中国や韓国も含まれています。当然と言えば当然ですが、もし実施されれば韓国にとっては「弱り目に祟り目」ですが、今はひたすら反日のみに目が向いているようです。

 韓国へのホワイト国待遇撤回は、早ければ8月2日にも閣議決定されるとの観測です。前述のように含みはありますが、「対韓輸出規制」になるかならないかは今後の韓国の出方次第です。しかしモンスターチャイルド化した韓国が、日本側が譲歩するしないにかかわらず、傲慢な姿勢(前述⑤項)を崩すことはないでしょう。その一方で、アメリカに対してはどう出るのでしょうか。


〔2019年7月28日 追記〕


【お断り】予告なく加筆や表現の修正などを行うことがあります。ご了承願います。

# by tane_mackey | 2019-07-20 08:29 | 政治・経済 | Comments(0)

ツバメ戻る!

 ひばりヶ丘駅のすぐ下り方のひばりヶ丘1号踏切より、真っ直ぐ北に伸びるひばりヶ丘北口商店街。その商店街に在るにしがみ歯科医院の前を通りかかると、賑やかな鳥の囀(さえず)りが…

 その軒下に目をやると…
d0242629_23434679.jpg

 ツバメが巣を作っていました。
d0242629_23440870.jpg
 
 実は何年か前にもここでツバメが営巣していたのですが、当時はこのような受け支えはなく、巣が落下してしまいました。恐らくはカラスの襲来によるものと思われます。その後医院の方により受け支えが設けられ、藁(わら)製の仮の巣が置かれるなどしましたが、今年になるまでツバメが戻ってくることはありませんでした。私がツバメの存在に気付いたのは、ほんの2日ほど前のことです。

 ツバメは人家の軒下など、人の営みの在るところに巣を作る習性があります。それ故親しみを持たれ、巣を作られることについては歓迎する人が多いとのことですが、駅や繁華街などの人の行き来が多いところでは、糞による汚損があるため嫌われることがあります。

 私としては、忘れかけた頃に戻って来たツバメたちが無事に成長するよう、陰ながら見守りたいと思っています。
 

〔2019年7月19日 記〕  

# by tane_mackey | 2019-07-19 00:52 | Comments(0)

Free Adblocker Browserを使ってみた

 7月に入り、ぐずついた天候が続いています。梅雨本来の天候なのですが、昨年は7月を待たずに梅雨が開けてしまったこともあり、なおさら鬱陶しく感じる今日このごろです。

 前置きはさておき、ここからは前回に引き続いてAndroid端末に因んだ投稿です。

 インターネットを閲覧している際に現れるバナー広告やポップアップ広告、YouTube動画を視聴時に唐突に再生される広告動画は何かと鬱陶しいものです。
 GooglePlayストアにアクセスして【広告ブロック ブラウザ】のキーワードで検索すると、広告ブロックを謳い文句のブラウザが数紹介されており、その中よりFree Adblocker Browserなるアプリをインストールして使ってみました。
d0242629_11211547.jpg


 インストール後にアプリを開くと、このようなトップページが表示されます。
d0242629_14450485.jpg

d0242629_14555528.jpg
《使用に際してカスタマイズしており、デフォルトではありません。》

 基本的には無料で利用出来ますが、アドバンスモードを利用する場合は有料となります。アドバンスモードを利用すると、次の5つの機能が追加されます。
  ①閉じる&閲覧データを消去するボタン
  ②ピンコードでデータを保護
  ③広告ブロックフィルターリストを自動的にアップデート
  ④全ての広告を非表示
  ⑤閲覧履歴を保存しない

 【今すぐすべての機能を利用する】ボタンをタップすると、このような画面表示となります。
d0242629_15061922.jpg

 14日間の試用期間が設けられており(①)、定期購入ボタンをタップするとスタートします(②)この場合、試用開始当日は0日目となり、以後日付が変わる毎に1日目、2日目、…となります。例えば、7月12日に試用開始した場合は7月26日が14日目となり、この日が終了するまでは無料でアドバンスモードを試すことが出来ます(③ ④)。


 このブラウザで、実際にYouTubeを視聴した際の一例です。
d0242629_15351017.jpg
 動画本来の焼付字幕に、表示された字幕が被さっています。表示された字幕が正しければまだしも、無意味な文字やデタラメとさえ言える文字列が表示されることが多々あり、鬱陶しく感じてしまいます(個人差があるでしょう)。

 画面右下をタップし、下方に表示された【CC】ボタンをタップすると字幕を非表示に出来ます。
d0242629_15532637.jpg

 動画を視聴する毎にこの操作を行うのは何かと煩わしいものです。残念ながら、ブラウザ側で字幕を常時非表示に設定することは出来ませんが、ハード(端末)側の設定で対処することは可能です。
 その方法は以下のとおりです。もし字幕を表示させたい時は、【CC】ボタンをタップすると表示させることが出来ます。
  ①ホーム画面の設定アイコンをタップする
  ②ユーザー補助をタップする
  ③字幕をタップする
  ④スライダーを左側に操作する⇒字幕OFF

 現時点において、広告ブロックに関しては概ね満足しています。個人的には、ブラウザのホームボタンは地味ですが便利に感じています。


〔2019年7月12日 記〕

# by tane_mackey | 2019-07-13 17:18 | Android | Comments(0)

Android系端末より音楽ファイルを削除する方法

 私はAndroid系タブレット「ASUS ZenPad [3] 8.0」(以後「本機」と記す)を愛用しています。音楽ファイルを取り込んではみたものの、本機で音楽を聴く機会は殆どなく、保存している内部ストレージを無駄に圧迫することにもなっていたため、音楽ファイルを削除することにしました。

 インターネットでリサーチした情報をもとに検証したところ、本機では比較的簡単な方法で音楽ファイルを削除出来ることが判りました。以降で紹介する方法はあくまでも本機の場合であり、機種(タブレットorスマートフォン)によっては、画面表示や操作手順が本機と異なる可能性があります。

ファイルマネージャーアイコンをタップする。
d0242629_23282403.jpg
d0242629_14580389.png
②カテゴリの音楽アイコンをタップする。
d0242629_23293700.jpg
d0242629_14580389.png
③削除したいファイルを選択する。
d0242629_23382400.jpg
アルバム名が表示され、曲名は表示されないので注意!

   (ア)削除したいファイル(複数の場合はどれか1つ)を長押しすると、チェックボックスが現れる。

   (イ)削除したいファイルのチェックボックスにチェックを入れる。

   (ウ)右上のごみ箱アイコンをタップする。
d0242629_14580389.png
ファイルの削除を実行する。
d0242629_23542687.jpg
   (ア)デフォルトでは「ファイルを完全に削除する」にチェックが入っている。
      削除したファイルをごみ箱に残しておきたい場合は、このチェックを外す。

   (イ)【OK】ボタンをタップする。
d0242629_14580389.png
d0242629_00022677.jpg
  (ウ)更にファイルを削除する場合は、上記③(ア)〜(ウ)、④(ア)(イ)を実行する。

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

《追補並びに前記一部訂正》2019年6月26日
 機種によっては、カテゴリのアイコン(前記②参照)が表示されないものもあるようです。そこで、本機での模擬的な操作ではありますが、ストレージ経由で音楽ファイルを削除する方法を以降に追記しておきます。合わせて、前記の追記・訂正を行いました

【11】ファイルマネージャーをタップする。
d0242629_12321097.jpg
d0242629_14580389.png
【12】ストレージを選択する。
d0242629_12324693.jpg
本機では内部ストレージに保存してあるので、こちらをタップして選択。
d0242629_14580389.png
【13】ルートをタップする。
d0242629_12441368.jpg
d0242629_14580389.png
【14】右上の検索アイコンをタップする。
d0242629_12461715.jpg
d0242629_14580389.png
【15】検索キーワードを入力する。
d0242629_12540037.jpg
  (ア)タッチパネルで検索キーワードを入力する。⇒ここでは「mp3」と入力。
     なお、該当する検索履歴がある場合は(ウ)を参照。

  (イ)【検索】ボタンをタップする。

  (ウ)既に該当する検索履歴がある場合は、ポップアップの履歴をタップする。
     この場合は(イ)の操作を行う必要はない。
d0242629_13093360.jpg
d0242629_14580389.png
d0242629_13152563.jpg
d0242629_14580389.png
【16】削除したいファイルを選択する。
d0242629_13235235.jpg
曲名並びにファイルの階層が表示される。

   (ア)削除したいファイル(複数の場合はどれか1つ)を長押しすると、チェックボックスが現れる。

   (イ)削除したいファイルのチェックボックスにチェックを入れる。

   (ウ)右上のごみ箱アイコンをタップする。 
d0242629_14580389.png
【17】ファイルの削除を実行する。
d0242629_15080828.jpg
   (ア)デフォルトでは「ファイルを完全に削除する」にチェックが入っている。
      削除したファイルをごみ箱に残しておきたい場合は、このチェックを外す。

   (イ)【OK】ボタンをタップする。
d0242629_14580389.png
d0242629_13555185.jpg
d0242629_14580389.png
d0242629_15042090.jpg

  (ウ)更にファイルを削除する場合は、上記【16】(ア)〜(ウ)、【17】(ア)(イ)を実行する。

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

 なお機種が異なるなど、いずれの方法も使えなかった場合は、各自でリサーチして対処いただくようお願い致します。また私と同じ機種でありながら、いずれの方法も使えなかった場合も何卒ご容赦願います。


〔2019年6月25日 記 / 6月26日 追記並びに訂正〕

# by tane_mackey | 2019-06-25 00:35 | Android | Comments(0)

C58と武州日野駅とアジサイ

 2019年6月16日。夜半まで降っていた雨は上がり、絶好のお出かけ日和となっていました。御花畑駅で秩父鉄道の下り電車に乗り、終点の三峰口駅を目指しました。沿線の到るところで、カメラを据えて待ち構える撮り鉄の姿を目にしました。その彼らのお目当てが、後続のSLパレオエクスプレスであることは一目瞭然でした。私はそのまま三峰口駅まで行き、後からやって来るのを待ちました。

 因みに、この日の私の往路のタイムスケジュールは以下のとおりでした(土休日ダイヤです)。
  ひばりヶ丘 10:36発⇒飯能 11:08着⇒ 11:14発⇒西武秩父 12:02着→→御花畑 12:15発⇒三峰口 12:35着
       急行     (乗換)           (徒歩)

 後続のSLパレオエクスプレスは、御花畑 12:19発⇒三峰口 12:50着となっています。ご参考までに…


  三峰口駅
d0242629_11334963.jpg
『関東の駅百選』にも選ばれており、コカコーラの立て看板が目を引きます。
駅入口の二次元キャラクターは「鉄道むすめ 桜沢みなの」です。


  三峰口駅に進入するSLパレオエクスプレス
d0242629_11342989.jpg

 三峰口駅構内に隣接する広場では、側線に転線されたC58の折返しの準備作業を見ることが出来ます。鉄道ファンならずとも、やって来た人たちにとっての格好の被写体となっていました。

   ♦ 炭 水 車 へ の 給 水 作 業 ♦
d0242629_11375736.jpg

d0242629_12080446.jpg
「SLちちぶ ブルーベリートレイン」のヘッドマークは、今日が掲出初日。


   ♦ キ ャ ブ ( 運 転 台 ) ♦
d0242629_11384771.jpg


   ♦ 火 室 の 手 入 れ ♦
d0242629_11455052.jpg
火室の灰受け皿に溜まった石炭の燃え殻や灰の掻き落としは、必要不可欠な仕事の一つ。


 ♦ 旋 回 窓 ♦
d0242629_11521620.jpg
かつて寒冷地の線区で活躍していた証。

   
   ♦ 三 峰 口 駅 構 内 を 望 む ♦
6002F(一番右側)ほか
d0242629_12202405.jpg
秩父鉄道6000系は、元西武鉄道のN101系より改造されました。
現在3両編成3本が在籍。専ら急行列車で運用されます。
因みに種車は229F(→6001F)、231F(→6002F)、233F(→6003F)です。

 
 駅前のお店(福島屋)での食事中にC58の転線作業が始まり、食事を終えた頃には転車台での方向転換は既に終わっていました。

   ♦ バ ッ ク 運 転 で の 入 換 ♦
d0242629_12591599.jpg
  
   ♦ 連 結 完 了 ♦
d0242629_13024343.jpg
炭水車の側面に機関士が映り込んでいます。

 遅ればせながら、ここでSLパレオエクスプレスの牽引機C58 363の略歴を紹介しておきます。この略歴については、秩父鉄道の公式ウェブサイトを参照しました。なお年号については、当方で西暦に書き換えています。
  1944年 2月19日 川崎車両にて新製
  1972年10月 2日 国鉄にて廃車
  1973年 5月31日 吹上町(現 鴻巣市)立 吹上小学校にて静態保存
  1987年3月6日 車籍復活
  1988年 3月16日 SLパレオエクスプレス運行開始


 三峰口駅13時47分発「熊谷」行き電車に乗り、武州日野駅で下車しました。ここを訪ねるのは昨年7月以来で、今回が2度目となります。ここを訪れた目的は、秩父鉄道と並走する国道140号線に面して植えられているアジサイの様子を確かめることと、後続のSLパレオエクスプレスを撮影することでした。アジサイについては期待外れでしたが、とにもかくにも撮影を試みてみました。


  武州日野駅と国道140号線のアジサイ

   ♦ 駅 舎 を バ ッ ク に ♦
d0242629_13405292.jpg
d0242629_13413491.jpg
花はいずれも小ぶりでした。


   ♦ 駅 の ホ ー ム を バ ッ ク に ♦  
d0242629_16242221.jpg
d0242629_16324689.jpg
駅舎の傍に咲くアナベル。こちらの花付きはまずまずでした。


   ♦ 国 道 1 4 0 号 線 と … ♦
d0242629_16470944.jpg
d0242629_16475616.jpg
d0242629_16490151.jpg
色付いた花はチラホラといった状況でした。


  ♦ 武 州 日 野 駅 に 進 入 す る S L パ レ オ エ ク ス プ レ ス ♦
d0242629_16540426.jpg
d0242629_16554206.jpg

   ♦ 武 州 日 野 駅 で の 離 合 〜 三 峰 口 駅 に 向 け て 発 つ 6 0 0 3 F ♦
d0242629_17065145.jpg
d0242629_17095096.jpg
6003Fはリバイバルカラー(往年の秩父鉄道色)を纏って活躍。

 14時37分発の「羽生」行き上り電車でここを発ち、帰途につきました。


〔2019年6月20日 記〕

# by tane_mackey | 2019-06-20 17:50 | お出かけ | Comments(0)

東萩山小学校のアジサイ

 今回は実にローカルな投稿です。

 久米川駅北口
d0242629_23050080.jpg
ここから小平駅方向へ、歩いて目的の場所へと向かいます。

d0242629_23054853.jpg
 久米川北口商店街を抜け、突き当りを右折。その先の踏切の手前で左折し、西武新宿線と並行する通りを進んで行きます。何とも大雑把なガイドですが、初めて訪れた人でもまず迷うことはないでしょう。


 東村山市立東萩山小学校
d0242629_23072135.jpg
通りに面した鉄柵には校名の看板が掲げられ、西武新宿線の車窓からも容易に確認出来ます。


久米川駅〜小平駅
d0242629_23082275.jpg
東萩山小学校の前を行く急行「西武新宿」行き。


d0242629_23264487.jpg
d0242629_23291792.jpg
 校名の看板を通り過ぎると下り坂となります。その奥の、木々が鬱蒼としているのは小平霊園です。校庭の法(のり)面には、ご覧の通りアジサイ(アナベル)が植えられています。


d0242629_23355472.jpg
d0242629_23365017.jpg
小平霊園の向かい側の法面は、アジサイやユリで彩られていました。


d0242629_23413328.jpg
一方、小平霊園側の路傍にもアジサイが植えられ、こちらもかなり色付いて来ました。


d0242629_23543789.jpg
品種名は未確認ですが、恐らくヤマアジサイの一種かと思われます。


d0242629_00030976.jpg
ウズアジサイ(別名:オタフクアジサイ)


d0242629_00250617.jpg
花付きがそれぞれ異なる白いアジサイは、いずれもカシワバアジサイです(後述)。


久米川駅〜小平駅
d0242629_00274311.jpg
電車はあっと言う間に通り過ぎてしまいます。


d0242629_00060135.jpg
カシワバアジサイ。庭木として最もよく見かけます。
原産地は北アメリカ南東部で、葉は秋に紅葉します。


d0242629_00134139.jpg
八重咲きのカシワバアジサイ「ハーモニー」。


d0242629_00180232.jpg
原種に近いと思われるカシワバアジサイ「スノークイーン」。


 電車の車窓からたまたま目にし、気になって足を運んでみた次第です。小平霊園への墓参など、近くに赴いた際にふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


〔2019年6月15日 記〕

# by tane_mackey | 2019-06-15 01:07 | お出かけ | Comments(0)

東村山・北山公園のハナショウブ

 1ヶ月ぶりの新規投稿です。

 2019年6月6日。都内有数のハナショウブ(花菖蒲)の名所である、東村山市に在る北山公園を訪ねました。この日は梅雨入り前の絶好のお出かけ日和で、関東各地で最高気温が30℃を超える夏日を記録しました。

 東村山駅にて
d0242629_10150852.jpg
所沢駅方向を望む。立体交差化事業工事の真っ最中。


 東村山駅西口ロータリー
d0242629_10241042.jpg
 今年は6月1日から16日まで『東村山菖蒲まつり』が開催され、駅前並びに北山公園までの沿道には、このような藤紫ののぼり旗が立てられています。


 弁天橋を渡り…
d0242629_11032742.jpg
八国山通りを奥に向かって進みます。


 風鈴がお出迎え
d0242629_10533117.jpg
d0242629_11132122.jpg
時折り吹く風で、ガラス製の江戸風鈴が賑やかに音色を奏でます。


 北山公園内を巡る

  ♦まずは公園の広さを感じ取れる画像から…♦
d0242629_11312451.jpg

d0242629_11324281.jpg

d0242629_11384103.jpg

d0242629_11391164.jpg

東村山駅〜西武園駅
d0242629_11403531.jpg
北山公園の傍を西武園線が走ります。


  ♦ここでは、西武園線を行く電車を捉えた画像を紹介♦

2523F(?)   西武園駅〜東村山駅
d0242629_11590527.jpg
 西武園駅で257Fと車両交換を行い、回送で戻って来たところを捉えました。アジサイは咲き始めで、色付きはこれからです。


257F   東村山駅〜西武園駅(2点とも)
d0242629_12100390.jpg

d0242629_12115219.jpg

  ♦こちらもおまけと言えるショット〜カルガモの親子♦
d0242629_12265086.jpg
親ガモと9匹の子ガモが、花菖蒲を植えた田んぼの水を掻き分けて進むシーンを捉えました。


  ♦最後に、主役である色とりどりのハナショウブの画像を紹介♦
d0242629_12384485.jpg

d0242629_12403336.jpg


d0242629_12411714.jpg
  
d0242629_12414601.jpg

 品種によっては木札が添えられ、容易に名称を知ることが出来ます。
d0242629_12440707.jpg
《古の里(いにしえのさと)


d0242629_12560923.jpg
《紫美舞(むらさきみまい)


d0242629_13002754.jpg
《野川の鷺(のがわのさぎ)


d0242629_13032111.jpg
d0242629_13040881.jpg
《鷹の爪(たかのつめ)


 蛇足ながら、最後に豆知識を紹介します。

 ハナショウブとよく似た花にアヤメとカキツバタがあります。いずれもアヤメ科に属しますが、ハナショウブは花弁の付け根が黄色で、アヤメのような網目模様はありません。ハナショウブは葉幅が狭く、葉脈がはっきり隆起していることで、カキツバタと区別が出来ます。
 黄色のハナショウブは外来種とのことで、在来種と混植すると在来種が駆逐されるほど強健とのことです(撮影時に公園の関係者より説明を受けました)。

 なお、菖蒲湯に入れるショウブはサトイモ化の多年草であり、これと区別するためアヤメ科のショウブは「ハナショウブ」と呼ばれています。


〔2019年6月6日 取材 / 6月9日 記〕

# by tane_mackey | 2019-06-09 14:00 | お出かけ | Comments(0)

あしかがフラワーパークを訪ねて

 2019年5月4日。好天に誘われるように、あしかがフラワーパークを訪ねました。


  J R 両 毛 線 ・あ し か が フ ラ ワ ー パ ー ク 駅
d0242629_12222924.jpg
211系4両(A56編成)の446M高崎行き。


d0242629_12270825.jpg
藤の図柄をあしらったホーム上の駅名板。


d0242629_12283779.jpg
1面1線の棒線駅。


d0242629_12302816.jpg
駅舎への階段にも藤があしらわれています。


d0242629_12324058.jpg
駅前にはこの紫の藤棚と、白花の藤棚が在ります。

 あしかがフラワーパーク駅は、2018年4月1日開業の新しい駅です。普段は無人駅で、自動券売機と簡易ICカードタッチパネルが設置されています。


  あ し か が フ ラ ワ ー パ ー ク 正 面 ゲ ー ト 前
d0242629_12455605.jpg

 あしかがフラワーパークでは『ふじのはな物語―大藤まつり2019―』を開催中。いよいよ園内を巡ります。

  う す 紅 の 棚
d0242629_12483049.jpg
訪れたときは時期外れで、かなり色が褪せていました。

 因みに、最盛期はこのようになるそうです。
d0242629_12591483.jpg


  白 藤 の ト ン ネ ル
d0242629_13015394.jpg


  八 重 藤
d0242629_13041868.jpg

d0242629_13045280.jpg
「八重黒龍」と言う、世界でも珍しい品種。気品ある香りを放ちます。


  大 長 藤
d0242629_13092189.jpg
野田の長藤で、花房が最長1.8mにも達します。


  む ら さ き 藤 の ス ク リ ー ン
d0242629_13134623.jpg



  白 藤 と ク レ マ チ ス と 真 紅 の ツ ツ ジ
d0242629_13212202.jpg
バックの白藤と、クレマチスとツツジの色鮮やかさが対照的です。


  き ば な 藤 の ト ン ネ ル
d0242629_13225745.jpg
 日本では育成が難しいとされる品種。花はようやく開花が始まったところで、色鮮やかなトンネルになるのはこれからです。


  藤 の ド ー ム
d0242629_13281738.jpg


  う す 紅 橋
d0242629_13334969.jpg
うす紅の藤はここにも。やはり時期外れで残念。


 白 藤 の 滝 を 望 む
d0242629_13381930.jpg
むらさき藤のスクリーン(前出)と同様の仕立てがされています。くすんだ感じな写りが何とも残念。

 別なアングルから写すと…
d0242629_11161929.jpg

  大 藤
d0242629_11165402.jpg
d0242629_11173028.jpg
d0242629_11181188.jpg

 再 び 、 あ し か が フ ラ ワ ー パ ー ク 駅
 昼過ぎまでは晴れていましたが、14時頃より徐々に不穏な雲行きとなり、やがて雷鳴が轟き出しました。この画像の撮影時(デジカメのデータ上は14時42分)の数分後には、本降りの雨となりました。
d0242629_11183524.jpg
 15時17分発の小山行きの電車で帰るべく、雨の中を行列で改札を待ちました。多客による混雑の影響で、10分ほど遅れての到着となった電車に乗り、帰途につきました。

 
〔2019年5月5日 記・投稿〕 

# by tane_mackey | 2019-05-05 14:40 | お出かけ | Comments(0)

テリハノイバラ

 2019年5月3日。ブラブラと散歩をしていた時、この白い花が目に入りました。場所は東久留米市某所です。

ひばりヶ丘駅〜東久留米駅
d0242629_00060738.jpg

d0242629_00102258.jpg

d0242629_00285853.jpg
 撮影時点では、この花の名は知りませんでした。ネット検索を丹念に行った結果、この花は「テリハノイバラ(照葉野茨)」の一種の「トゲナシテリハノイバラ」だと知ることが出来ました。


〔2019年5月4日 記〕

# by tane_mackey | 2019-05-04 00:50 | 雑記 | Comments(0)

平成から令和へ〜2019年限りの祝休日に路線バスを追う

 2019年4月30日は『退位の日』で、今年限りの祝日です。この日を以って天皇が退位し、和暦の『平成31年』は終わりを告げます。そして明くる5月1日の午前0時より改元となり、和暦の『令和元年』がスタートします。この日に皇太子が即位され、新しい天皇となります。この『即位の日』も今年限りの祝日です。更に5月2日は、法令に基づく今年限りの『国民の休日』となります(詳細は後述)。
 
 既に述べたように、この3日連続の祝休日は今年限りの「特別な日」であり、何らかの形で記録しておきたいと思い立ちました。『退位の日』の4月30日は池袋駅東口に赴きました。

 以降で紹介する画像は路線バスのスナップ撮影がメインで、タイムスタンプ(年/月/日)を入れています。

  2019年4月30日〜『平成』最後の日
d0242629_00265522.jpg
 サンシャイン通りの街灯には、『祝 令和元年』の文字と日の丸を配した吊り下げ旗が掲げられていました。

d0242629_00442360.jpg
 西武デパート壁面に掲げられた垂れ幕。一番右側は、退位される天皇の在位30年を祝するものとなっていました。


     F-V374(練馬) 練馬200 か 24-29 LGK-MP37FKF(三菱ふそう / MFBM)  2010年式
池65系統
d0242629_00470221.jpg
 客扱いを終えて西武デパート前で折り返す。池65系統は「江古田二丁目」止まりが多く設定されており、「練馬車庫」まで足を伸ばす便は少ない。


     P-P527(巣鴨) 練馬200 か 16-95 PKG-RA274KAN(日産D / 西工) 2006年式
上60系統
d0242629_00581141.jpg
 ビックカメラパソコン館前のバス停で客扱いを終え、しばし待機。この車両には日章旗は掲げられていません。

d0242629_01095524.jpg
改元初日に売り出す「令和福箱」のサンプルが並べられていました。


    〔左〕8102 練馬200 か 17-58 PJ-LV234N1(いすゞ / J-BUS) 2007年式
    〔右〕N-N330(北) 練馬200 か 13-73 PJ-KV234L1(日野 / J-BUS) 2005年式
赤51系統   王40系統
d0242629_06334453.jpg
都営バス、国際興業バスともども、日章旗は掲げられていません。


     F-C245(練馬) 練馬230 あ ・2 45 2DG-LV290N2(いすゞ / J-BUS) 2017年式
池65系統
d0242629_06412584.jpg
西武デパート前を行く。


     T-D359(早稲田) 練馬230 あ 19-80 2DG-LV290N2(いすゞ / J-BUS) 2018年式
渋86系統
d0242629_06500907.jpg
こちらの車両にも日章旗は掲げられていません。

 この日の都営バスは、練馬車庫のみ日章旗を掲げての車両運用を行っていました。

 各地で「年越し」カウントダウンが行われ、実際に参加された方も居られることでしょう。更にはその後、夜通し飲み明かした方も…


  明くる2019年5月1日〜『令和元年』がスタート

 前日同様、この日も池袋駅東口に赴き、短時間ながら撮影を行いました。

     F-A624(練馬) 練馬200 か 30-33 QPG-LV234N3(いすゞ / J-BUS) 2015年式
池65系統
d0242629_07152268.jpg
西武デパート壁面の一番右側の垂れ幕は、新天皇の即位を祝するものに掛け替えられていました。


     P-D901(巣鴨) 練馬230 あ ・9 01 2DG-NB4X2BVJ(Scania / Volgren) 2018年式
草64系統
d0242629_07263693.jpg
 車内の床の段差を解消したフルフラットバス。実際に目にしたのはこの日が初めてです。シャーシはスウェーデンの重工業メーカーであるスカニア(Scania)、車体はオーストラリアの車体メーカーであるボルグレン(Volgren)となっています。

 
     8201 練馬200 か 18-56 PKG-LV234N1(いすゞ / J-BUS) 2007年式
赤51系統
d0242629_07402122.jpg
 国際興業バスの池袋駅東口の乗り場は、かつて「三越裏」と呼ばれた通りに在ります。国際興業バスは、この日も日章旗を掲げることなく運行していました。


 池袋駅東口での撮影後、足を運んだのは代々木公園です。そこで行われていたのは…

  『第90回中央メーデー』でした。
d0242629_07573085.jpg
 5月1日と言えば、何と言っても働く者の祭典である『メーデー』です。因みに第1回メーデーは、1920年5月2日(日曜)に上野公園で開催され、第2回以降は5月1日に開催されるようになりました。かつては労働団体の枠を超えた統一メーデーが行われていましたが、労働団体の再編や組織間の対立などにより、1989年以降の中央メーデーは全労連(全国労働組合総連合)の主催で行われるようになりました。

 メーデーの集会後はデモ行進が行われます。私たちの参加メンバーは、恵比寿までのコースを行進しました。

     B-B387(渋谷) 品川200 か 31-30 QDG-LV290N1(いすゞ / J-BUS) 2016年式
東二丁目〜渋谷車庫前
d0242629_08220660.jpg
メーデーのデモ行進と日章旗を掲げた都営バス。恐らくは2度と見られない光景。


  更に…2019年5月2日『国民の休日』

 法令(国民の祝日に関する法律)に基づき、この日は『国民の休日』となりました。これは「祝日と祝日に挟まれた平日は休日とする」に基づいたもので、初めて『国民の休日』が適用されたのは1988年5月4日(水曜)です。翌年以降5月4日は祝日となり、現在は『みどりの日』となっています。ただしこの休日は「この日が日曜日あるいは振替休日と重なった場合は、この日の振替休日は行わない」とされています。当然ながら、5月2日の『国民の休日』も2019年限りとなります。

 この日は新宿駅西口に赴きました。

     C-A588(新宿) 練馬200 か 30-74 QPG-LV234N3(いすゞ / J-BUS) 2015年式
                     宿74系統   歌舞伎町〜新宿駅西口
d0242629_06513087.jpg
新宿大ガードを抜けて…

d0242629_06554505.jpg
小田急デパートと京王デパートの壁面には、ともに新天皇の即位を祝する垂れ幕が掲げられていました。西武デパート(前出)も含めて文言は共通ですが、字体やデザインには違いがあります。


     A2-621 練馬200 か 25-82 LGK-MP35FKF(三菱ふそう / MFBM) 2012年式
                     宿20系統   新宿駅西口〜東京医大病院前
d0242629_07074683.jpg
 新宿西口ロータリーを後に、池袋を目指す。通常は中型車で運行される宿20系統への大型車の充当は、近年では大変珍しい。

    
    A1204 練馬200 か 15-39 ADG-RA273KAN(日産D / 西工) 2006年式
宿08系統
d0242629_07123942.jpg
関東バスでは、運転台窓下のポールに日章旗が掲げられていました。


    〔左〕F-W471(練馬) 練馬200 か 29-72 LGK-MP37FKF(三菱ふそう / MFBM) 2011年式
    〔右〕D-Z531(杉並) 練馬200 か 29-20 QPG-LV234N3(いすゞ / J-BUS) 2014年式
白61系統   品97系統
d0242629_07194797.jpg
この日の都営バスは4月30日と同様、練馬車庫のみが日章旗を掲げて車両運用を行っていました。


     D31111 練馬200 か 25-36 LGK-MP37FKF(三菱ふそう / MFBM) 2011年式
宿33系統
d0242629_07271512.jpg

     C-T253(新宿) 練馬200 か 22-50 BJQ-HU8JLFP(日野 / J-BUS) 2009年式
宿75系統
d0242629_07302751.jpg
宿75系統の「新宿車庫」入庫便。平日・土曜は各7本、休日は6本と本数は少ない。
  

 最後の画像は、西武新宿駅前での撮影です。
d0242629_07301663.jpg
歌舞伎町の角のパチンコ店は、改元にあやかっての営業。


 天皇あるいは天皇制、和暦(元号)に対する考え方は人それぞれです。全ての人が決して肯定的ではなく、複雑な感情を抱いている人も居るのは紛れも事実です。私自身は決して尊王派ではなく、年号については日常的には西暦を用いるようにしています。でもこのような考えを表せるのも、言論・表現の自由が当たり前の世の中だからこそです。
 
 私なりに「新しい年」を迎えて思うことは、自然災害に見舞われた被災地の一刻も早い完全復興、人間が人間らしく暮らせる平和な世の中です。
 


〔2019年4月30日・5月1・2日 取材 / 5月3日 記〕  

# by tane_mackey | 2019-05-03 08:46 | 路線バス | Comments(0)

西武鉄道の踏切〜「所沢」編

 今回は、西武鉄道の踏切に因んだ投稿です。

 西武鉄道の踏切は、現在は全て「第1種甲」の自動踏切となっており、その全てに名称が付けられています。原則的には「◯◯駅の下り方先端より次駅に向かって◯◯1号、◯◯2号、…と名称が付されています。例えばひばりヶ丘駅が起点の場合は、次駅(東久留米駅)に向かってひばりヶ丘1号、ひばりヶ丘2号、…となります。
 一見合理的に思えますが、複数の路線が乗り入れている場合や支線が分岐している場合は、同名の踏切が複数となるケースや、「なぜ?」と思うややこしいケースが存在してます。
 JRや他社線の踏切においては、目につくところに「△△踏切」の表記がされていることがありますが、西武鉄道においては「興味や関心のない人には気付かれにくい」表記となっています。

 今回取り上げるのは、池袋線と新宿線の2つの本線のジャンクションとなっている所沢(駅)です。駅の直前には都合3つの踏切が在ります。以降では便宜上、池袋線の踏切には[池]を、新宿線の踏切には[新]を冠することとします。
 
 先ずは駅の南方より。果たしてこの踏切は?
d0242629_12312117.jpg
 池袋線の上り電車がやって来ました。原則に従えば、この踏切が[池]所沢1号となり得るのですが、実はそうではありません。


d0242629_12383751.jpg
 新宿線の東村山(駅)方向に目をやると、前方の点線で囲った信号機(踏切動作反応灯と言います)に「7」が記されており、◯◯7号踏切であることを示しています。ここで「判った」と言う人も、謎解きにしばしのお付き合いを。


d0242629_12541753.jpg
 踏切の西側(新宿線側)より望む。横断距離が長く、渡り切れない事態もありえます。そのためか、右側の小屋には踏切監視人が配置されています。


 この踏切は
  [新]東村山7号踏切となります。
d0242629_13175996.jpg
 踏切警標の裏側(線路側)に「村7」と標記されており、これは「東村山7号」を表しています。興味や関心がないと見過ごしてしまうでしょう。ではなぜ[新]東村山7号の名称となったのでしょう。旧・川越鉄道の国分寺〜川越間の開通は、西武鉄道では最も古く(1895年3月開通)、旧・武蔵野鉄道の池袋〜飯能間が開通したのは、約20年後の1915年4月のことで、路線の歴史に基づいたのは明白です。


 今度は駅の北方より。

 [新]東村山7号踏切については、いささか勿体ぶった紹介となったので、以降ではややあっさり目に紹介させていただきます。

 こちらが
  [新]所沢1号踏切です。
d0242629_22163869.jpg
新宿線の上り電車がやって来ました。

d0242629_22550670.jpg
手前が[新]所沢1号踏切、奥に在るのは[池]秋津5号踏切です。
 

 このカーブの先に在るのが
  [池]秋津5号踏切です。
d0242629_22230966.jpg

d0242629_23015018.jpg
[池]秋津5号踏切上より奥の[新]所沢1号踏切を望む。


d0242629_23061393.jpg
 [池]秋津5号踏切で用いられている全方位形踏切警報灯。灯具が円筒形の物は急速に増えていますが、球形の物は今のところ、ここでしか目にしていません。


 以降では、初めに池袋線の所沢△号踏切を紹介させていただきます。

 西所沢駅に向かって次の踏切は
  [池]所沢3号踏切です。
d0242629_06573018.jpg


d0242629_07124406.jpg
 [池]所沢3号踏切より所沢駅方向を望む。ここからは徐々に上り勾配となっており、[池]所沢2号踏切が在った可能性は見いだせんでした。
d0242629_07244033.png
  [池]所沢4号7号踏切
d0242629_07440661.jpg
d0242629_07244033.png
  [池]所沢10号踏切
 
d0242629_12173828.jpg
西所沢駅直近の踏切です。なお5の各号の踏切は、統廃合により現存しません。


 次いで新宿線の所沢△号踏切を紹介させていただきます。
 
  [新]所沢2号踏切
d0242629_08044556.jpg
《この画像は、帰途につく際に撮影しました。》
雨が降ってきたため、上り電車からの前面展望のみとなりました。
d0242629_07244033.png
  [新]所沢3号踏切
d0242629_08132975.jpg
 所沢3号踏切は、池袋線と新宿線の双方に存在します。この踏切は航空公園駅〜新所沢駅間に在り、かつ同区間唯一の踏切です。原則に従えば航空公園1号となって然るべきなのですが、そうはなっていません。その謎解きは後ほど。

d0242629_08155381.jpg
《この画像は、帰途につく際に撮影しました。》
上り電車からの前面展望はご覧の通り。奥に見える橋上駅が航空公園駅です。
 
 この踏切が航空公園1号とならなかった理由は?

 航空公園駅は、西武鉄道の駅では2番目に若い駅で(1987年5月28日開業)、[新]所沢3号踏切は同駅が造られる以前より存在してました。それもあってか、同駅の開業に際しても、改名は敢えて行わなかったと推察出来ます(関係者が判っていれば、特段の問題はないですし…)。
 
 取り敢えず、今回は「西武鉄道の踏切 その1」とさせていただきます。少しでも興味を持っていただけたら何よりです。


〔2019年4月24日 取材 / 4月30日 記〕 

# by tane_mackey | 2019-04-30 11:57 | 鉄道 | Comments(0)

ひばり通りのハナミズキ

 東京地方は、ここ数日日中は初夏を感じさせる陽気が続き、あちこちで花を咲かせたハナミズキを見られるようになりました。

 ひばりヶ丘駅北口ロータリーより伸びる通りを進むと、程なくひばり通りに合流します。奥に向かった新座市側では、街路樹として植えられたハナミズキが花を咲かせていました。
d0242629_18271411.jpg

d0242629_18361233.jpg

 ハナミズキを主役に、通りを行き交う西武バスとのコラボを狙ってみました。

                    栗原五丁目〜ひばりヶ丘駅北口
d0242629_18451615.jpg
ピンク系の品種。至るところで見られます。


                    ひばりヶ丘駅北口〜栗原五丁目
d0242629_18530564.jpg
こちらは赤みの強いピンク系の品種。


                    ひばり77系統    新座栗原郵便局〜栗原五丁目
     A0-473 所沢200 か 14-08 PKG-AP35UM(UDトラックス / MFBM) 2010年式    
d0242629_18573985.jpg
 白花系の品種も至るところで見られますが、このひばり通りに関してはピンク系の品種が主体で、白花系は少数派でした。


 ハナミズキの花で花弁に見えるのは、総苞(そうほう)と呼ばれるもので、実際の花(花序)は中心部の小さな塊です。一輪だけ開花しているのがお判りいただけるでしょうか?
d0242629_19260469.jpg

 花期は4月下旬から5月上旬とさほど長くはありませんが、秋には赤い実と紅葉が楽しめます。


〔2019年4月23日 記〕

# by tane_mackey | 2019-04-23 20:21 | 路線バス | Comments(0)

この路線の将来は?西武バス・泉38系統

 2019年4月13日。大泉学園駅北口長久保間を運行している西武バス・泉38系統の取材を行いました。

大泉学園駅北口

     A5-90 練馬200 か 14-12 PB-RX6JFAA(日野 / 日野) 2005年式
d0242629_22513721.jpg
リズモ大泉学園に隣接するバスターミナルの1番乗り場より出発します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

 泉38系統に使用されている車両は、現在は『リエッセ』の愛称を持つ日野自動車製のマイクロバスに限定されています。マイクロバスながら前・中2扉、リアエンジン・リアドライブ方式を採用しており、中扉にはリフトを装備しています。

     A5-90(同上)              長久保
d0242629_23065000.jpg
 小型で小回りが効くことや、ワンマン機器の取り付けがしやすいことから、コミュニティーバスに多く用いられました。2011年を以って『リエッセ』は製造が終了し、現在同形態の車両はどのメーカーも製造していません。

 実は、そのことが泉38系統の去就にも大いに関わっているのです。
d0242629_23431537.jpg
西武バスの公式ウェブサイトより引用(スクリーンキャプチャー)しました。

 要約すると「泉38系統で使用している小型車両(リエッセ)が経年化しているものの、それに代わる車両がなく、やむなく減回させるに至った」と言うことになります。

 この日の実際の取材は、大泉学園駅北口→長久保間の往路のみ乗車し、復路は徒歩でルートを遡るように探索を行いましたが、以降では先ず大泉学園駅北口を起点に乗車区間のルートとバス停を紹介し、次いで復路のルートと未乗区間のバス停を紹介します。
d0242629_17434343.jpg
d0242629_17440800.png
妙 延 寺 前
d0242629_17461933.jpg
d0242629_17440800.png
 東映通り入口
d0242629_17495956.jpg
泉38系統は、この東映通りを行き来します。右手が妙延寺大泉学園駅北口方面です。
d0242629_17440800.png
 東映通りを行く

   A0-452 練馬200 か 22-96 BDG-RX6JFAA(日野 / J-BUS) 2010年式
                    泉38系統    東映撮影所前妙延寺
d0242629_18522348.jpg
 左手にはT.ジョイSEIBU大泉、右手の手前が東映アニメーションミュージアム、その奥には西友リヴィンオズ大泉が建ち並んでいます。 
d0242629_17440800.png
東映撮影所前

     A2-669 練馬200 か 26-15 QKG-MP37FKF(三菱ふそう / MFBM) 2012年式
                    泉39-1系統
d0242629_19002096.jpg
d0242629_17440800.png
 東映東京撮影所前を行く

     A8-262 練馬200 か 18-71 PDG-RM820GAN(日産D / 西工) 2008年式
                    石02系統     東映撮影所前三原台中学校
d0242629_19071703.jpg
d0242629_17440800.png
 東映通り東交差点
d0242629_19115369.jpg
 泉38系統東映撮影所前大泉北中学校入口間は、往路と復路ではルートが異なります。長久保行きは、この交差点を直進して三原台中学校、比丘尼交差点を経由するのに対し(黄色のルート)、復路は大泉町六丁目びくに公園入口を経由し、この交差点を右折して大泉学園駅北口に赴きます(オレンジ色のルート)。
d0242629_17440800.png
三原台中学校
d0242629_19312010.jpg
バス停のポールは国際興行仕様で、西武との共用となっています。

d0242629_19425746.jpg
 東京外かく環状道路事業による工事が進行中。大泉JCT〜東名JCT間は大深度地下を活用した方式での工事であり、開通時期は未定となっています。
d0242629_17440800.png
d0242629_10201088.jpg
長久保行きは、奥の比丘尼交差点を左折します。
d0242629_17440800.png
d0242629_10245912.jpg
 長久保行きは黄色のルートで、大泉学園駅北口行きはオレンジ色のルートで、この無名の交差点を通行します。なお、大泉学園駅北口行きのルートは後で紹介することとし、先ずは長久保までのルートを辿って行きます。
d0242629_17440800.png
大泉北中学校入口
d0242629_10391435.jpg
d0242629_17440800.png
 大泉四丁目交差点
d0242629_10424110.jpg
泉38系統は、黄色のルートでこの交差点を通行します。
d0242629_17440800.png
大泉桜高校
d0242629_10470648.jpg
d0242629_17440800.png
大泉学園小学校入口
d0242629_10503427.jpg
d0242629_17440800.png
 大泉学園小下交差点
d0242629_10542819.jpg
 泉38系統は、黄色のルートでこの交差点を通行します。この交差点より大泉学園八丁目交差点にかけては、センターラインのない狭隘路となり、車種が『リエッセ』に限定されている大きな要因ともなっています。
d0242629_17440800.png
大泉学園小学校

     A-90(既出) 以下 略
d0242629_11015543.jpg
d0242629_17440800.png
大泉学園四丁目
d0242629_11065686.jpg
d0242629_17440800.png
大泉学園八丁目
d0242629_11110710.jpg
d0242629_11133000.png
 大泉学園八丁目〜大泉学園八丁目交差点
d0242629_11153149.jpg
 ここで、沿道で気になったものを2つ。
 その1。「大江戸線延伸…」のポスターは、この界隈のあちこちで目にします。光が丘駅〜大泉学園町駅(仮称)間については、駅の位置を含めて延伸がほぼ確定しているものの、開通時期は未定となっています。
d0242629_12321630.jpg
『大江戸線の延伸計画マップ』(by地図蔵様)を引用の上、当方で加工しています。

 しかし、大泉学園町駅(仮称)以遠については全くの構想段階で、仮に開通させたとしても黒字化は見込めないとされ、「延伸の可能性は限りなくゼロに近い」の声もあります。
d0242629_11133000.png
 その2。エステサロン『キャプテン』前の、気にしている人にとっては身につまされる手書きの看板。
d0242629_13082216.jpg
d0242629_13085231.jpg
d0242629_11133000.png
 大泉学園八丁目交差点
d0242629_13140779.jpg
狭隘路はここまで。道幅の差は歴然。
d0242629_11133000.png
長久保
d0242629_23065000.jpg
〔冒頭の2枚目と同じものです。〕
 乗り過ごしたのか、それとも乗り間違えてしまったのか、運転士にあれこれと尋ねていました。客扱いを終えると、長久保交差点の角に在る操車場で折り返し、対向側の乗り場で客扱いを行います。
d0242629_17440800.png
     A-90(既出) 以下 略
d0242629_13242618.jpg


 大泉北中学校入口東映撮影所前間において、大泉学園駅北口行きは長久保行きとは異なるルートとなります。今回はこの区間は乗車せず、徒歩での探索となりました。以降でそのルートを紹介します。
d0242629_19002195.jpg
d0242629_11133000.png
大泉町六丁目
 ホンダオート練馬の角を左折すると、東映通り東交差点までの間は、センターラインのない狭隘路となります。この通りも双方向通行となっています。
d0242629_06442405.jpg

d0242629_19183672.jpg
d0242629_11133000.png
びくに公園入口
d0242629_19214530.jpg
d0242629_11133000.png
 東映通り東交差点〜妙延寺前間は、長久保行きと同じルートとなります。
d0242629_19244295.jpg
d0242629_11133000.png
d0242629_19313099.jpg
d0242629_11133000.png
大泉学園駅北口(降車場)
d0242629_19411091.jpg
大泉学園駅北口到着便は、この路上が終点となります。
 

 今回泉38系統を取材並びに探索をした感想としては、確かに狭隘区間は存在するものの、以前取材したことがある『松ノ木線』(→リンク)よりは線形は良く思え、後継車種の日野『ポンチョ』でも走行は可能に思えました。
 路線バスにおいては、ノンステップ車やワンステップ車が今や当たり前となっています。『ポンチョ』での代替が行われるのが何よりですが、果たしてどうなるのか、泉38系統の今後の動向が気になります。


〔2019年4月21日 記〕

# by tane_mackey | 2019-04-21 20:40 | 路線バス | Comments(2)

久米川さくら通り

 2019年4月6日。以前より気になっていた、久米川のさくら通りを訪ねました。

 久米川駅南口
d0242629_09595868.jpg
 西武新宿線の駅で、駅前広場は歩道部分の面積が広く取られており、市松模様にタイルが敷かれています。ここから真っ直ぐ伸びる通りの奥に、桜の姿が確認出来ます。


 さくら通りより久米川駅を望む
d0242629_10164266.jpg
この日はご覧の通りの好天で、絶好のお花見日和でした。


 さくら通りを行く
                    立34系統    久米川通り〜久米川駅南口
     A7-150 多摩200 か 32-76 2PG-MP38FKF(三菱ふそう / MFBM) 2017年式
d0242629_10355164.jpg
 さくら通りを通る西武バスは、久米川駅南口到着便のみ。出発便はロータリーを出て都道226号線経由で府中街道へと向かいます(奥の交差点を右から左に行きます)。
 因みに立34系統(立川駅北口〜久米川駅南口)は、立川駅発着便では唯一の小平営業所の担当路線となっています。


 さくら通りの桜並木は600mほど続いており(Googleマップでの計測による)、一旦南下してから北上しました。

 さくら通りの南側終点
d0242629_11050015.jpg
野火止通りとの交差点より望む(東村山市栄町二丁目25・26番)

 
 都道226号線との無名の交差点を過ぎると、さくら通りは緩やかにカーブを切り、府中街道に至ります。

 さくら通りの西側終点
d0242629_11164571.jpg
八坂神社前より望む(東村山市栄町三丁目3・5番)

 この後府中街道沿いにある八坂小学校へと寄り道しました。

 府中街道と八坂小学校の桜
d0242629_11485058.jpg
校門の脇に立つ節くれだった桜の木を、近くの歩道橋の上より捉えました。

 東京地方では今日4月8日が入学式という学校が多く、桜の花が新入生を迎えたことでしょう。開花から2週間が経ち、ソメイヨシノから八重桜や枝垂れ桜への主役交代の時期に差し掛かっています。週の前半は気温が低めの予報となっており、今日と10日は雨の予報が出ています。お花見に出かける方はその対応もお忘れなく。

〔2019年4月8日 記〕

# by tane_mackey | 2019-04-08 12:29 | お出かけ | Comments(0)

清瀬・台田団地と柳瀬川の桜並木

 2019年4月2日。西武池袋線の清瀬駅北口よりバスで台田団地を訪ねました。台田団地へは西武バス清64系統(清瀬市役所経由)、若しくは清64-2系統(中里経由)が利用出来ます。

 台田団地と桜並木
d0242629_17481815.jpg
西武バス清64清64-2は、黄色で示したルートを行き来しています。


 団地保育所前にて

     A0-459 所沢200 か 13-86 PDG-RM820GAN(日産D/西工)2010年式
d0242629_17492889.jpg
西武バスと桜のコラボを狙うなら、この団地保育所前バス停付近が最適かと思います。



 この道路に沿うように柳瀬川が流れ、河岸には桜並木が続いています。台田団地バス停よりほど近い城前橋より河岸の桜並木をそぞろ歩きしました。
d0242629_18171866.jpg


 訪れた時間帯は花曇りで花冷えの生憎の天気でした。春休みの時期もあってか、平日にもかかわらず思いの外多くの家族連れを見かけました。
d0242629_18204088.jpg


 ご覧のとおり露店が軒を連ねていました。準備中の露店も在り、提灯が灯ってからが本領発揮といったところでしょうか。
d0242629_18315847.jpg


 釣り糸を垂れている人に狙いを定めるように…
d0242629_18383134.jpg


 桜の枝が堤の遊歩道に覆いかぶさるように、川に向かって伸びています。
d0242629_18465199.jpg

d0242629_18474371.jpg

 今回歩いたのは、僅か800mほどの区間でした。前述のようにやや残念な天気でしたが、今度の週末(6・7日)は絶好の花見日和の予報が出ており、大賑わいとなることでしょう。


〔2019年4月4日 記〕

# by tane_mackey | 2019-04-04 19:03 | お出かけ | Comments(0)