今年も…平林寺の紅葉

 2018年11月25日。私の住んでいる新座市の名刹・平林寺に、2年続けて紅葉見物に出かけました。全体的にはやや物足りなさを感じましたが、それでも晩秋の陽に照らされる色付いたモミジは、結構見栄えがありました。

 色鮮やかな真紅のモミジは、当然ながら見応えがありますが…
d0242629_17353398.jpg

 移り行く自然のグラデーションもまた良し、です。
d0242629_17481948.jpg


 山門
d0242629_18035059.jpg
 門の左右には、鎌倉時代の作といわれる金剛力士像が納められています。禅宗では、山門は「空・無相・無作」の三解脱門を表し、この門をくぐると迷いや煩悩から開放されるといわれます。茶字の記述は、平林寺で配布しているパンフレットより引用しました。)


 鐘楼
d0242629_18253513.jpg
 
 もみじ山近くの境内の広場では、色付いたモミジの下でグループがゆったりと寛いでいました。因みに境内での飲食はご法度です。
d0242629_18420137.jpg


 野火止塚
d0242629_18470298.jpg
 立ち入り制限により、これ以上近づくことは出来ません。このあたりの木々の葉は、多くがまだ青々としていました。


 苔むした石灯籠と…
d0242629_18565949.jpg
大河内松平家廟所前の通り道に並ぶ苔むした石灯籠とモミジを、半逆光ながら何とか捉えました。


 それから一週間後の12月2日。ほぼ終日曇り空となり、再訪しての撮影には不向きな状況でした。更にその後の週末となると、流石に葉はほぼ散ってしまっていることでしょう。


〔2018年11月25日 取材 / 12月2日 記〕

by tane_mackey | 2018-12-02 19:52 | お出かけ | Comments(0)

平林寺境内林の紅葉

 新座市の名刹・平林寺は知る人ぞ知る紅葉の名所で、例年は11月下旬から12月上旬が見頃となっています。2017年12月3日。陽の高いお昼時を狙って平林寺を訪ねました。

d0242629_23225210.jpg
平林寺総門。傍らのモミジは鮮やかに色付いています。


d0242629_23275429.jpg
 山門を望む。禅宗では、山門(三門とも表す)は「空・無相・無作」の三解脱門を表し、この門をくぐると迷いや煩悩から開放されると言われています(パンフレットの記述を引用させていただきました)。


d0242629_23532552.jpg
青々と茂る竹とのコントラストを狙って見ました。


d0242629_23570042.jpg
八重咲きの白い山茶花。


d0242629_23480841.jpg
放生池。水面に映る紅葉と鯉とが競い合うかのよう…


d0242629_23503714.jpg
平和観音


d0242629_00125023.jpg
境内林を散策時のスナップ(その1)


d0242629_00161967.jpg
境内林を散策時のスナップ(その2)〜歴代塔所(たっしょ)。歴代の住職が眠っています。


d0242629_00135996.jpg
境内林を散策時のスナップ(その3)


 この日は絶好の紅葉見物日和でした。紅葉シーズンが終わるといよいよ冬本番です。


〔2017年12月3日 取材 / 12月4日 投稿〕

by tane_mackey | 2017-12-04 23:10 | お出かけ | Comments(0)

叡山電鉄〜モミジのトンネル

 2017年11月19日。東福寺で紅葉見物の後、東福寺駅で接続している京阪電鉄で終点の出町柳駅へと向かい、ここで叡山電鉄に乗り継ぎました。

 実は、今年の夏に叡山電鉄を完乗していましたが、今回の投稿にあたり、その際に撮影した画像も併せて掲載させていただきます。


 出 町 柳 駅
                                  いずれも2017年8月23日
d0242629_18155673.jpg
改札口は駅舎の右側に在ります。
 

d0242629_18183556.jpg
 鞍馬線「二軒茶屋」行きに就く700系(デオ720形)724。700系は、叡山本線(出町柳〜宝ヶ池〜八瀬比叡山口)の運用が主ですが、このように鞍馬線の途中折り返し運用にも就きます。


d0242629_18344810.jpg
 出町柳駅に入線する700系(デオ710形)712。「えいでんまとい号」と名付けられたラッピング車で、撮影したこちら側は救急車を、反対側の前面並びに側面は消防車をイメージしたラッピングとなっています。右側にチラリと映るのは、「きらら」の愛称を持つ900系(デオ900形)903+904


 元 田 中 駅 に て
                                     2017年11月19日
d0242629_18535717.jpg
 画像の奥が宝ヶ池、鞍馬方面。叡山電鉄で唯一、上下線のホームが千鳥配置となっています。前方の東大路通にはかつて京都市電が走っており、ここで平面交差していました(市電は1978年10月1日廃止)。


 二 軒 茶 屋 駅 に て
                                      2017年11月19日
d0242629_19145746.jpg
 鞍馬線はここまでが複線で、ここから先は単線となります。やって来たのは900系(デオ900形)901+902。「きらら」は2編成とも紅葉をイメージしたカラーリングが採用されており、901+902が「メープルレッド」、903+904が「メープルオレンジ」となっています。

 市原駅〜二ノ瀬駅間はモミジのトンネルとなっており、紅葉の時季は減速運転を行います。


 モ ミ ジ の ト ン ネ ル を 行 く
                    市原駅→二ノ瀬駅      いずれも2017年11月19日
d0242629_19363316.jpg

d0242629_19400736.jpg

d0242629_19411150.jpg
 
d0242629_19422072.jpg
 乗客からは口々に「すごい!」「綺麗!」の歓声が上がっていました。この画像から紅葉の見事さが少しでも伝われば何よりです。


 鞍 馬 駅 前

 駅前では、家族がのんびりと記念撮影に興じていました。
                                    (2017年8月23日)
d0242629_19563675.jpg

 夏に訪れたときとは打って変わって、駅前は大勢の人たちで賑わっていました。
                                (いずれも2017年11月19日)
d0242629_20092001.jpg

d0242629_20110991.jpg


 鞍 馬 は 天 狗 の 町
                                      2017年11月19日
d0242629_20185669.jpg
駅前には大きな天狗の像が。今年の1月に積もった雪の重みで鼻が折れ、その後修復されました。

 ここから出町柳へと戻る途中、二ノ瀬駅で列車交換の合間に撮影を行いました。


 二 ノ 瀬 駅 に て
                                  いずれも2017年11月19日
d0242629_20342337.jpg
出町柳方面行きホームのモミジの木は、この時季の格好の被写体です。
 
d0242629_20425369.jpg
鞍馬行きの800系(デオ810形)811+812と交換。

 その後出町柳まで戻り、下鴨神社に立ち寄りましたが、紅葉に関しては全くの期待外れでした。境内を散策後路線バスで京都駅まで行き、その日の新幹線で帰途につきました。


〔2017年8月23日・11月19日 取材 / 11月26日 投稿〕

by tane_mackey | 2017-11-26 20:59 | 鉄道 | Comments(0)

東福寺の紅葉

 2017年の夏に京都の東福寺を訪ね、その際に「紅葉の時季に改めてここを訪れたい」と思っていましたが、11月19日に念願を叶えることが出来ました。

 JR奈良線の東福寺駅で下車し、暫く歩くと瓦葺き屋根の立派な上屋を持つ臥雲橋が現れます。橋の下はモミジの渓谷(洗玉澗)となっており、東福寺の通天橋へと続いています。


 臥雲橋より通天橋を望む

 夏に訪れた時は青蒼(あおあお)としたモミジの渓谷でしたが…
                                      2017年8月21日
d0242629_23203155.jpg


 色付く秋にはその様相は一変します。
                                      2017年11月19日
d0242629_23271208.jpg


 モミジのトンネル

 臥雲橋より東福寺に至る参道はモミジのトンネルの如き風情ですが、やはり夏と秋とではその趣きは大きく変化します。夏に訪れた時
は人通りもまばらで、道の真中で堂々と撮影出来ました。
                                      2017年8月21日
d0242629_23442977.jpg

 上の画像とほぼ同地点ですが、大勢の人が行き交っていたため端に避けての撮影となりました。
                                      2017年11月19日
d0242629_23494647.jpg


 東福寺境内にて
                              (いずれも2017年11月19日 撮影)
d0242629_00022647.jpg
この三門は、室町時代に建造された現存する最古の三門です。
 

d0242629_00135909.jpg

d0242629_00144949.jpg

d0242629_00172099.jpg
経堂をバックに…

d0242629_00201366.jpg


d0242629_00204554.jpg


d0242629_00211096.jpg
 通天橋からの景色も堪能出来れば申し分なかったのですが、この日の通天橋は一方通行に規制されており、立ち入るとなるとかなりの待ち時間を覚悟しなければならず、都合もあったため止むなく断念しました。


〔2017年11月19日 取材 / 11月22日 投稿〕 

by tane_mackey | 2017-11-22 00:42 | お出かけ | Comments(0)

美杉台通りの紅葉

 モミジバフウはマンサク科フウ属の落葉高木で、別名アメリカフウと言い、葉は5〜7裂し、秋には紅葉(あるいは黄葉)します。無数の突起のある球形状の実を付け、秋から冬に茶褐色に熟します。飯能市内の美杉台通りにはモミジバフウの並木が在り、紅葉の時季には地元以外の人もここを訪れます。
d0242629_23281925.jpg

 2017年11月3日。約2年ぶりにバスを利用して美杉台ニュータウンを訪ねました。


 飯能駅南口             飯21系統     

     〔右〕A9-384 所沢200 か 20-47 PKG-RA274KAN(日産D / 西工) 2009年式
     〔左〕S-029 所沢200 か 17-59 QKG-MP35FMF(三菱 / MFBM) 2013年式      
d0242629_22272768.jpg
 S-029は西武総合企画の所属で、駿河台大学のスクールバス専用車となっています。A9-384は元滝山営業所の所属で、最近飯能営業所に移籍されたようです。このバスに乗って美杉台ニュータウンに赴きました。


 美杉台ニュータウンにて
d0242629_23003782.jpg
 奥が美杉台中学校美杉台小学校方面。
  
 ここから西武バスのルートを遡るように、美杉台小学校までを歩いて辿りました。 


 美杉台中学校にて         飯20系統

     A3-77 所沢200 か 17-22 QKG-MP35FMF(三菱 / MFBM) 2013年式
d0242629_23500574.jpg


 美杉台公園〜美杉台中学校     飯20系統

     A2-866 所沢200 か 16-83 QKG-MP37FMF(三菱 / MFBM) 2012年式 
d0242629_23543537.jpg
 
 
 美杉台公園横の並木(美杉台五丁目)
d0242629_00021865.jpg
美杉台通りより寄り道。美杉台公園の西方の通りの木々の葉もご覧の通り。


 美杉台小学校〜ひかり橋       飯20系統

     A2-866 前出(以下 略)
d0242629_00023817.jpg
 訪れた時点においては、美杉台小学校バス停付近が最も鮮やかな紅葉が見られました。今年の美杉台通りの紅葉(あるいは黄葉)の見頃は、長くても後1周間ほどではないかと思われます。


〔2017年11月3日 取材 / 11月5日 投稿〕

by tane_mackey | 2017-11-05 00:51 | 路線バス | Comments(0)

ハナミズキの紅葉

今回は、季節柄の小ネタです。

西武バスの「ひばりヶ丘駅北口」の発着場を過ぎて程なく、ひばり通りは道幅が広くなり、そこからひばりヶ丘駅入口交差点までの短い区間ではありますが、歩道に植えられたハナミズキは赤い実を付け、葉は紅く色付いていました。


 ひばり通りを行く 

   ひばり71系統          別れ道〜新座栗原郵便局        2015年10月31日
      A9-354 所沢200 か 12-78 PKG-AP35UM(日産D / 三菱ふそう) 2009年式
d0242629_23513582.jpg
時折り薄日は差すものの、生憎の曇り空。青空ならばもう少し映えたかも…


 ハナミズキの実   

       西東京市ひばりが丘北二丁目にて(前出の画像と同地点)     2015年10月31日
d0242629_00111431.jpg

〔2015年11月3日 記〕

by tane_mackey | 2015-11-03 00:44 | 雑記 | Comments(0)